FC2ブログ

プロフィール
メールはこちらから!

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

カレンダー
<
>
- - - - - - -
1 2 3 4 5 67
8 9 10 11 12 1314
15 16 17 18 19 2021
22 23 24 25 26 2728
29 30 31 - - - -

全記事

最新記事
月別アーカイブ
アンケート
アンケート
アンケート
アンケート
アンケート
アンケート
アンケート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

視力検査


「確率でやらないで(笑)」

ダーツ


昨日はロングネタだったので、今日はショートネタです

また健康診断でのお話しなんですが、

視力検査で、全部「右」ってこたえていた健診者の人がいたんです(笑)

技師さんも困っていて「あ・・・穴の空いている方ですよ?」と説明し直してました。

多分相当目が悪くて、当てずっぽうより同じ方向を答えた方が当たる確率が上がると考えたのではないでしょうか。(汗)

すべてのランドルト環(視力検査の「C」の字のアレ)の穴の向きを右って答えるならいくつかは当たると思うんですが、普通の視力検査では2個連続で間違えたら「見えてない」と思われて試合終了ですからね(笑)


でも、この気持ちはボクも似たような経験があるのでわかります。

以前にもブログに書いたような気もしますが、

学生時代に2日酔いでテストを受け、あまりの気持ち悪さにすべての解答を「B」にして、開始15分で退室したんです。(汗)

本当は30分経たないと退室できないのですが、

ボクの必死の形相をみて、試験官が許してくれたんです(笑)

やっぱり確率ってすごくて、結局3割くらいできてたのでびっくり


皆さん!視力検査はみえなかったらちゃ〜んと「みえない!!」って言わなきゃダメですよ(笑)

運試ししないでくださいね〜(笑)


    いいぜ!人気ブログランキング
 もいっちょ、いいぜ!日本ブログ村
のりのり麻酔科医は2つのブログランキングサイトに登録しています!!
「いいぜ!」「もいっちょ、いいぜ!」をそれぞれ応援クリックお願いします!!
クリックすると、それぞれのランキングサイトにジャンプしてボクに票が入ります!!
得点が増えると、超がんばれます(笑)!!お願いしま~す!!(1日1回有効です)

ありがとうございました~!!!!ぶわっ


スポンサーサイト

ヤンキー嫌いの精神科医

「力技すぎませんか?」


柔道着



ヤンキー的な気合主義が蔓延している
東洋経済オンライン 3月17日(日)6時0分配信
斎藤環(さいとう・たまき)


日本社会にヤンキー文化が拡大しているという精神科医の斎藤環氏。今回の安倍晋三政権も、ヤンキー特有の「気合入れれば何とかなる」という空気に支持されていると指摘し、話題となっている。

っという記事を読みました。

ボクはブログ上で政治や宗教の話はするつもりはないし、基本的に「のりのり麻酔科医」という匿名をつかっているので、他人の記事の批判をするつもりもなかったんですが、あまりにもツッコミどころが満載だったので、今日は「批判記事」ではなく「ツッコミ記事」を書かせて頂きます

人それぞれ意見はあると思うので、ボクのツッコミにも突っ込んでいただけると嬉しいです(笑)

では本文をご紹介します・・・(本文記事は太字で表示します)
※今日は超長文なので、太文字の記事本文だけでも読んで頂ければ幸いです。

ヤンキー文化のマイナス点とは?

 ──ヤンキー的事象が次々と出てきているそうですね。

 大阪・桜宮高校の体罰問題がそうです。先生がたたかれ始めた途端、保護者が「桜宮応援団」のような支持団体を作り、先生の体罰のおかげでこんなにうちの子はよくなったとか、自分も体罰で強くなったとか言い始めた。まさにヤンキー的な気合主義です。体罰は気合を入れるためにあるわけですから。

う〜ん

ヤンキー=気合主義、体罰=気合を入れる、だから体罰=ヤンキー的という論理だと思うんですが、かなりのっけから無理があるように思います・・・(汗)

今世間を騒がせている「体罰」は言うまでもなく「暴力」ですし、

また、体罰をしないとしても、教育上「気合いを入れる」必要があるときもあると思うんです。

気合いを入れる→ヤンキー的というならば、そんな「気合いをいれる」事自体が悪くなってしまうような気がします。

体罰=暴力=ヤンキー的というならイメージがわくのですが・・・

 体罰する側にこれほど支持が厚いのは異様な事態だが、日本社会にいるかぎりそれほど異様に見えない。われわれはそういう空気にどっぷりつかっているのです。

ええと・・・本当に体罰支持の人が多いのならば世間でこんなにニュースにならないでしょうし、当然異様だと思います(汗)

 それから立て続けに起きたのがAKB48メンバーの丸坊主問題。過剰に自分を痛めつけるパフォーマンスによって罪を償う自傷的謝罪です。切腹の時代から土下座文化を経て丸坊主、これは日本に連綿と受け継がれてきた後進的カルチャーといっていい。ところがある調査では、彼女の丸坊主を肯定する人が50%を占めた。海外にも報道され、アウシュビッツだと批判されているにもかかわらず、日本では丸坊主が当たり前に受け止められている。

いきなりAKBの坊主問題をとりあげたので、これにはびっくりしました(汗)

みいちゃんの坊主がパフォーマンスだという指摘はまあいいとして、それが切腹→土下座→丸坊主という後進的な自傷的謝罪とおっしゃる・・・

切腹はパフォーマンスだとおもってらっしゃるんですね(汗)・・・ボクだったらパフォーマンスで腹はきれましぇん(泣)

 ──そして安倍政権も……。

 ヤンキーは仲間と家族を大事にする。安倍さんの親学への親和性、子育てに対する考え方や家族の絆を大切にするという発想がヤンキー的です。福祉や弱者保護は国民の絆任せにし、政府はおカネをじゃんじゃん刷って経済をもり立てればいいという発想も、ヤンキー的なアゲアゲのノリをうまくとらえている。


ええ!!じゃあ仲間と家族を大切にするひとはみんなヤンキーになっちゃいますよ?!(汗)

ボクはヤンキーじゃなくて医師ですが、仲間と家族は大切にしたいです。

だって、この論理では少年ジャンプの漫画の主人公はみんなヤンキーになっちゃいますよ!!(汗)

この論理でからまれたら安倍首相も爆笑しちゃうような気がします。

 みんな絆という言葉に弱いですから。そもそもは拘束や動きを束縛するという意味を持つ絆という言葉が、特に震災を契機にして麗しいもの、なくてはならないものという言葉に変わっていく様は奇妙ですが。

たしかにテレビで「絆(きずな)」を連呼されるとってクサイ感じもしますが、今も仮設住宅に暮らしている被災者の方々の事を考えると、日本中が一丸となって頑張らなきゃいけないんだなという気持ちにボクは自然になります。

 生活保護費の切り下げもヤンキー的です。ヤンキーの人権意識は自己責任。つまり「義務を果たしていないやつには権利を与えるな」というもの。万人が一定の人権を持っているという天賦人権説に照らせば、生活保護は請求があれば支給するのが当たり前です。それがいつの間にか、本当に困っていて、頑張ったけれどダメだった人にしかあげることが許されないようなことになっている。

 そこにあるのはヤンキーのムラ的発想にほかならない。集団に寄与していない人間には集団も利益を与えないという村八分的論理です。

ヤンキーって「義務を果たしている」人達の代名詞にはほど遠いとおもうんですが・・・どうでしょう?(汗)

しかし、「生活保護は請求があれば支給するのが当たり前」ってもうむちゃくちゃですやん!!(泣)

「万人が一定の人権を持っている」ということには同意しますし、「弱者切り捨て」には反対ですが、

「本当は困ってなくて、頑張ってない人」に生活保護をポンポンあげるんだったら、ボクは税金を払いたくありません!!労働意欲もなくなります!!

頑張りたくても頑張れないひとは仕方ないですけどね。

──学校現場でもヤンキーに慣らされる教育がなされているとか。

 それはもう露骨です。たとえば、多くの中学校で踊られている「南中ソーラン」がいい例。元は北海道のある中学校が不良の更生のために導入して成功した。それがドラマ金八先生のエンディングで使われたところ、あっという間に全国に広がった。伝統的なソーラン節をロック調にアレンジしており中学生でもノリやすい。衣装は竹の子族のような派手なハッピ。金のネックレスやセカンドバッグなどと同じく、ヤンキーが好むバッドセンスです。

「南中ソーラン」は不良の更正に成功したのにだめなんだ・・・(汗)

ロック=ヤンキーっていつの時代の考えですか?!はっきり言って焦ります。

しかも、「ヤンキーが好むバッドセンス」って・・ただヤンキーが嫌いという個人的な意見だと思われちゃいますよ!!(汗)


 中学校ではダンスが必修科目になり、多くはヒップホップを踊っている。つまり今の中学生はヤンキーになるかB系になるしかない。こうして日本のヤンキー文化はますます増殖傾向にある。

ボクも中学でダンスが必修化した意味がよくわかりません。

男子が武道、女子は舞踏。これでは性差別。どちらも踊れるダンスを・・・という極端な発想が発端だと思いますが、男子も女子も武道か舞踏を選べれば問題ないと思います。武道は体を動かして健康にいいばかりでなく、礼儀作法など教育上優れていると思うからです。

ただ、武道を突き詰めると、きっとこの先生の理屈では武道=暴力=ヤンキーってなっちゃうでしょうけど(笑)

しかし・・・ヒップホップを踊る=ヤンキーになるかB系になるしかない。とは極端ですね(笑)

 かつては不良経験を持った人しかヤンキーになれなかったが、今や不良経験というコアなものを抜きに、バッドセンスだけを引き継いだヤンキー層が広がりつつある。

んん?この先生のヤンキーの定義がよくわかりませんね?!

格好だけヤンキーが増えてると言いたいのでしょうか。

ダンス必修かに伴って格好だけヤンキーが増えているというのですね。

それを心配してくださっている・・・

ヤンキーは気合い主義だからだめだというところから始まったのに、いまでは格好だけヤンキーが増えてるというのは、本当はなにがいいたいのかよくわかりません。


 日本の政治家にもヤンキーは多い。日本の選挙運動というバッドセンスなものに何の抵抗もないのがヤンキー的な人たちだからです。

 決起集会では「エイエイオー」なんてやって、たすきを掛けて白い手袋で街頭演説。群衆の中で自分の名前を連呼するという恥辱プレーをしなければならない。普通なら耐えがたいですよ。しかしヤンキー的な人々にとっては自然なこと。これがそういう伝統なんだと言われたら納得してしまう。反知性主義であり、現実思考的なのはヤンキーの特徴です。


日本の選挙運動について異論があるならばそれは結構ですが、

「エイエイオー」がヤンキー的で反知性主義だなんて・・・これはもはやただの悪口ですね。


 ──統治する側とされる側が同じ体質。自民党政権は安泰ですね。

 安泰だとしか考えられない。日本維新の会はヤンキー色が濃すぎるが、自民党はちょうどいい。マンガ雑誌に例えれば、ヤンキーマンガがいちばん多く載っているのは『少年チャンピオン』です。維新の会はチャンピオン。一方、ヤンキーもあればオタクもある、ぬえ的な雑誌が『少年ジャンプ』、これが自民党。日本でいちばん売れているのはジャンプですから。


おお!やっぱり少年ジャンプはみんなヤンキーだと思ってたんだ(笑)


 ヤンキーは基本的に内向きで内弁慶です。女子柔道で問題になったが、スポーツマンでも公式の場では「皆様の力で勝たせていただきました」なんて言いながら、裏では「俺が厳しく指導したから勝てたんだぞ」とか言っている。ヤンキー的な裏と表の顔の使い分けです。

公式の場のコメントと裏のコメントを分けて話すのは、ヤンキーではなくて、良識のある大人だと思います。

甲子園球児の怪物投手が、「チームのみんなと応援してくださった皆さんのおかげです」と勝利投手コメントしたときにボクは立派だなと思うんですが、この先生はヤンキーだと思うんでしょうね。

誰がどう見てもその投手の力が勝利を導いたのに、一歩下がってコメントをしているんです。

でも、これは必要な裏表ですよね?

まあ、プロ野球選手になりたいからとか今後の人生の為に良い子ちゃんになっているのだとしても、それは大人の対応ということであって、裏表があるヤンキーだとは思いますせん。

 日本人には、体を痛めつければ心が鍛えられる、心が鍛えられれば体が強くなるというような変な回路がある。それがうさぎ跳びとか、運動中に水を飲んじゃいかんという、むちゃくちゃな非合理的特訓、スポ根的な特訓につながっていく。こうした精神主義はヤンキー的気合主義と相通ずる。根っこは第二次大戦当時の大和魂や精神主義につながるものです。当時の論理が亡霊のように生き残っていて、スポーツ界ほかいろいろな場所に顔を出している。不気味で嫌な印象を抱きます。

スポ根のむちゃくちゃな非合理的特訓はボクも反対ですが、「根性」自体は生きていくのに必要だと思います。

理不尽なことだってやらなければいけないは、社会人だったらみんなわかるはず。

こんな事をいっていると、また医者が世間知らずといわれちゃいそうですね。(汗)

──ヤンキー文化のマイナス面をどう打破するべきでしょうか。

 近代的な個人主義を再インストールすることだと思う。

 体罰が強要されるのはスポーツマンの個人主義が認められていないせいだ。技量の不足は未熟さの表れであり、未熟な人間の権利は制限されて当たり前と考えてしまう。

 学校で教える徳目(道徳の内容)から協調性を外すことが必要かもしれませんね。協調性だけを強調するカルチャーが、ムラ社会におけるいじめのロジックを補強している。一人だけ変わったことをするやつはいじめていいという話につながっている。

 あくまでも個人の権利を尊重することが最優先事項で、協調性は2番目か3番目に大事であると教育しないと、いつまでたってもヤンキー的な、個人よりも集団を優先する論理がまかり通ってしまう。個人よりも家族、個人よりも地域、個人よりも学校。今起きている問題はすべてこのロジックに起因している。

 ただし日本的集団主義のカルチャーは簡単に否定できない面もある。集団主義が世間という相互監視システムを作り上げ、突出した犯罪はめったに起こらない。薄い毒をみんなで共有することで、濃縮された毒が1カ所にたまるのを防いでいる。日本社会は世界にまれに見る平和な社会で、治安にかけるコストも低い。ただ、この平和を維持している空気が、社会の天井の低さ、閉塞感につながっている。

 典型的なのは、日本における引きこもりの多さとホームレスの少なさでしょう。若年ホームレスだけ見れば1万人いない。米国には100万人、英国に25万人いるのに日本は異常に少ない。それがどこにいるかと思ったら家の中にいる。引きこもりという形で。排除された若者は家族が支えているんです、絆で。


 こうしたこともアゲアゲの景気のよさにかき消されていく。何だかんだ言っても景気がよくなれば国民の気分はよくなる。よくなれば弱者の存在は目に入らなくなる。安倍内閣が景気最優先と掲げたのは、目くらましとしては最高でしょう。


もう疲れちゃいました・・・(泣)

ラストは、結局ヤンキー的な事もいいといっているようにも聴こえて、もうよくわかりません。

「日本的集団主義のカルチャーを簡単に否定できない面」として紹介している部分の方が前半の否定部分よりも重要なことを言っている気がします。

はっきり言って、無理矢理最近のニュースである「体罰」、「教育問題」、「アベノミクス」というトピックを「ヤンキー」という言葉でつなげただけのそれこそ目くらまし記事だと思いました。

この記事を読んで、医師がみんなこういう思考回路を持っているとは思われないでしょうが、

同じ医師として黙っていられず、突っ込んじゃいました(汗)


 *この特集記事の全編は「週刊東洋経済」(2013年3月2日号)に掲載しています(全12ページ)
東洋経済オンライン



    いいぜ!人気ブログランキング
 もいっちょ、いいぜ!日本ブログ村
のりのり麻酔科医は2つのブログランキングサイトに登録しています!!
「いいぜ!」「もいっちょ、いいぜ!」をそれぞれ応援クリックお願いします!!
クリックすると、それぞれのランキングサイトにジャンプしてボクに票が入ります!!
得点が増えると、超がんばれます(笑)!!お願いしま~す!!(1日1回有効です)

ありがとうございました~!!!!ぶわっ

続きを読む

tag : なるほど

<スポンサーリンク>

decoboko.jp

個人情報について
当ブログでは、日常の麻酔業務に関するエピソード風の記事を多数紹介しています。 個人情報保護の観点から、「事実を元にしたフィクション」としてデフォルメしている部分がありますので、あらかじめご了承ください。
手術が決まった方へ・・・
医師ブログランキング
のりのり麻酔科医のお気に入り記事
カテゴリ
タグリスト

コメント一覧
 
PR
PR
価格.com ブロードバンド
PR
PR
宿・ホテル予約ならじゃらんnet
ボクは「Specialist vent」という商品を使っています。少しムレますが、血液や注射針から足が守れます!
クロックス オンラインショップ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。