FC2ブログ

プロフィール
メールはこちらから!

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

カレンダー
<
>
- - - - - - -
1 2 3 4 5 67
8 9 10 11 12 1314
15 16 17 18 19 2021
22 23 24 25 26 2728
29 30 31 - - - -

全記事

最新記事
月別アーカイブ
アンケート
アンケート
アンケート
アンケート
アンケート
アンケート
アンケート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

謎のキャラクター

Doraemon 74464 640


のりのり麻酔科医です。


先日、2〜3歳の「ちびっこ」の麻酔を担当したときに、謎のキャラクターに出くわしました!!

 

子供の場合、点滴や管を嫌がることが多いので、固定するテープなどに「アンパンマン」や「ドラえもん」などのかわいいキャラクターを書いてあげることがあるんですが、どうも見覚えがないキャラだったんですよね〜(汗)




それが、コレ↓↓↓ 

謎のキャラ 


見たことあります???コレ?!

胸に「M」って書いてあるんですよね。




最近流行の「ゆるキャラ」かな?なんて思って調べても出てこないし・・・(みかんちゃんでもなかったです)



書いた人のオリジナルキャラなのかな??(汗)

 

小児科病棟のナース達に聞いてみると、みんな「え?・・・知りません」って言うし・・・



外来のナースならわかるかも、といわれましたが、手術室にこもっている麻酔科医が急に小児科の外来に行って、

「すみません!!このキャラクターってなんですか?」とか聞いたら不審に思われそうです(笑)

 


なんなんだろう・・・このキャラクターは!!



もやもやする~!!!!

 

    いいぜ!人気ブログランキング  もいっちょ、いいぜ!日本ブログ村


スポンサーサイト

tag : おもしろ画像

ドイツ語 日本語 医学用語

「ハイブリッド医学用語」

ハイブリッド車

かなりご無沙汰してしまいましたが・・・

今日は前回のつづきで、「妙なハイブリッド用語」についてお話し致します

日本の医療の現場では、専門用語として「ドイツ語」や「英語」が使われることがあります。

また、これらを組み合わせた「妙なハイブリッド用語」も使われる事があるんです(笑)


では、どうしてこの2つの言語が医療の現場で使われているんでしょうか。

それを知るには、日本の近代医学史を学ばなければなりません・・・が、

ボクは怠け者なのでWikipediaさんなどを参考にしてまとめてみると(笑)、

(1)鎖国をしていたため、明治維新前は日本の最先端外来医学は唯一貿易をしていたオランダの医学だった。(杉田玄白・前野良沢らによって訳された、かの有名な「解体新書」はオランダ語の「ターヘルアナトミア」の訳本であったが、ターヘルアナトミア自体がドイツ語の医学書の訳本だったらしい)(Wikipedia「ターヘルアナトミア」参照)

(2)明治新政府は当時の最先端医学はドイツだとして、ドイツ医学を採用したらしい。
(ことのいきさつはWikipedia「相良知安」を参考にしてください)

(3)そのため、日本では医学を学ぶ際にドイツ語を使用していた。
「近代日本医学におけるドイツの影響力は圧倒的で、20世紀後半まで「医師は診療カルテをドイツ語で書く」のが不文律という状況だった。」(Wikipedia「日独関係」より抜粋引用)
(4)アメリカの国力の増大を背景にして、現在「世界5大医学誌」といわれる19世紀から20世紀初頭にかけて創刊された医学誌の出版元の国がイギリス、アメリカであるように、20世紀以降医学の世界では英語が共通の言語となった。
(Wikipedia「世界5大医学誌」を参照)
(5)その流れで日本でも医学用語の教育はドイツ語から英語へと変遷していった。

っとなります。

すべてはボクの勝手な認識なので、間違ってたらごめんなさい(泣)


で、

こういった歴史の変化のため、現在でもベテラン先生はドイツ語を使う傾向があり、ある程度若い先生は英語を使う傾向があると言えます。ざっくりとですが(笑)

あとは病院によってドイツ語を使う病院と英語を使う病院・・・そして妙なハイブリッド用語にたどりついた病院・・・という分け方もできます。

ボクは医師になってはじめの数年間、英語しか使わない病院で育ったので、始めてドイツ語を使う病院で働いたときはかなり戸惑いました(汗)

鼻や口から胃にいれる「胃管(いかん)」を「gastric tube」と英語で言っていたのが、「マーゲンゾンデ」というドイツ語になったんですから(笑)

また、はじめて出会った妙なハイブリッド用語は「ブルートライン」でした。

麻酔の準備中に、「先生、ブルートラインとりますか?」と聞かれて、「え?なんですかそれ?」と言ったらスゴく驚かれたんです(笑)

「ライン」はなんかの管のことを言ってるんだよな・・・「ブルート」ってなんだろう??と思って家で調べたら、



「Blut(ブルート)」:血液



って・・・(汗)

日本語で点滴の事を「静脈路」とも言い、英語では「intravenous line」と書きます。

だから、たぶん前半がドイツ語で「血」を意味する「ブルート」になり、後半が英語で「路」を意味する「ライン」になった、ハイブリッド用語だと思われます


こんな感じで、病院や地域によって英語を使ったり、ドイツ語を使ったり、妙なハイブリッド用語を使ったりしてるんですね〜

正しい用語を使うという意識というより、同業者間での「業界用語」の側面が色濃く反映しているのだと思われました。

インターネット上でみられる「医療者間で使われるドイツ語隠語の造語法に関する考察」という資料がわかりやすく説明していると思うので、興味のあるかたはチェケラしてください




    いいぜ!人気ブログランキング
 もいっちょ、いいぜ!日本ブログ村
のりのり麻酔科医は2つのブログランキングサイトに登録しています!!
「いいぜ!」「もいっちょ、いいぜ!」をそれぞれ応援クリックお願いします!!
クリックすると、それぞれのランキングサイトにジャンプしてボクに票が入ります!!
得点が増えると、超がんばれます(笑)!!お願いしま~す!!(1日1回有効です)

ありがとうございました~!!!!ぶわっ


tag : なるほど

聴診器を着せ替え♪ その2


「バイノーラルの交換方法」

結構引っ張っちゃいましたが(汗)、前回のつづきです


何年も使った愛用の聴診器の部品を交換しようとしたボク・・・☆
旧聴診器1

もうすんごいボロボロで、セロハンテープで補強しながら使ってました(笑)

旧聴診器2


うっかり気を抜くと硬くなったゴム部分が折れちゃったりして・・・↓↓↓もう限界
旧聴診器3


で、聴診器はこの部分↓↓↓が丸ごと交換できるんです!!名前は「バイノーラル」!!
バイノーラル1


わかるかな??

「バイノーラル」っていうのは、聴診器の「さきっちょの部分」以外のことなんですね〜


っというわけで、いざ交換!!


↓↓↓左が古い聴診器、右が新しい「バイノーラル」です♪
新旧並べた


バイノーラルを購入したときに同封されていた説明書がコレ↓↓↓
バイノーラル交換方法

う〜んと・・・

まずは古い聴診器から、「先っちょ部分」を取り外す・・・と・・

筋トレは結構頑張っているつもりでしたが、引っ張っても「先っちょ部分」が全然はずれない!!(泣)

しかたないので、少し気が引けましたがカッターで切り込みを入れてぽろっと外しました(笑)


↓↓↓こんな感じ・・・切り込みみえるかな??
交換風景1

でもって・・・

ポロっ!!
IMG_1706.jpg 


そして、すかさず新しい「バイノーラル」に、取り外した「先っちょ部分」を差し込むと・・・
交換風景5 

完成〜!!

ちょ・・・超簡単(笑)

所要時間2分でした♪


↓↓↓古い聴診器はゴールドのメッキがはがれてましたが・・・
旧聴診器4


↓↓↓新しいのは、もちろん超キレイ!!(泣)
バイノーラル5


気持ちいいな〜♪

これで、もっと「のりのり」で仕事ができそうです(笑)



でも・・・何より気に入ってるのは・・・


「のりのり麻酔科医」のネームが入っているところ!!くぅ〜
聴診器ネーム2 


ふふふ(笑)

実はこれが一番嬉しいかも



    いいぜ!人気ブログランキング
 もいっちょ、いいぜ!日本ブログ村
のりのり麻酔科医は2つのブログランキングサイトに登録しています!!
「いいぜ!」「もいっちょ、いいぜ!」をそれぞれ応援クリックお願いします!!
クリックすると、それぞれのランキングサイトにジャンプしてボクに票が入ります!!
得点が増えると、超がんばれます(笑)!!お願いしま~す!!(1日1回有効です)

ありがとうございました~!!!!ぶわっ


tag : なるほど 試してみたい

聴診器を着せ替え♪


「交換できるんです!!」


パンクしたタイヤ


世の中には色んな聴診器がありますが、ボクのお気に入りの聴診器は「リットマン Master Classic Ⅱ」というヤツなんです

色はゴールド&ブラック(笑)ふふふ

↓↓↓コレです☆

旧聴診器1


「リットマン(Littmann)」というのがブランド名で、「Master Classic Ⅱ」というのがモデル名なんですよ。


実は、このお気に入りの聴診器は、ボクが研修医のときに先輩のを「借りパク」したヤツなんです
※「借りパク」=借りたままパクる行為

その先輩はすんごい優秀な先生なんですが、身なりをあんまり気にしない人で、髪を切るもの数ヶ月に1回!!(驚)

モノに執着がないのか、内科医として当然身につけているはずの聴診器はいっつも医局のソファーに置きっぱなしで、聴診器が必要なときは病棟のナースに借りたり、誰のかわからないそこらへんに置いてあるのを使ってました。

で、ボクはあまりにも使ってないこの医局のソファーに置いてあるゴールド&ブラックのカッチョいい聴診器をさりげなく「借りて」使ってたんです。

もちろん先輩も知っていて、廊下ですれ違うときに「聴診器光ってるね〜!!」とかツッコんできてましたけど(笑)

ボクはその先輩を尊敬していたため、仕方なくそのまま借りパクして転勤し、今も大事に使っているという訳なんです☆

しかし・・・

数年前から聴診器のゴム部分が硬くなってしまい、亀裂が入るようになってしまいました(泣)シクシク

セロハンテープで補強しながらだましだまし使っていたんですが、もう限界・・・

憧れの先輩の聴診器だから使い続けたいのに〜!!なんて思いつつ聴診器の通販サイトをみていたら、


ええ!!チューブの部分って交換できるの!?



・・・そうなんです。聴診器は音を聴く「先っちょ部分」と、「それ以外の部分」が交換できるんです!!



↓↓↓「先っちょ部分」はコレ☆

聴診器の先
 

↓↓↓「それ以外の部分」はコレ☆

バイノーラル1


先っちょ部分の「膜」はずいぶん前に交換したんですが、チューブ部分も交換できるとは・・・!!

だって、みためは9割くらいを占める部分なんですよ?!

交換っていうか、新品に買い替えてもあんまり値段的には変わらなそうなものなんですが、ところがどっこい!

通販で新品を買うと28800円のところ、先っちょ部分以外の交換パーツはなんと16000円で買えちゃうんです!!

ということは、音を聴く先っちょ部分が12880円なんですよね


↓↓↓28800円の内の12880円分(笑)

交換風景2 


というわけで、明日は古い聴診器から新しい聴診器に生まれかわる様子をリポートします

さらに、ボクにとってプラスαのお楽しみもあるんですよ・・・うひひ


    いいぜ!人気ブログランキング
 もいっちょ、いいぜ!日本ブログ村
のりのり麻酔科医は2つのブログランキングサイトに登録しています!!
「いいぜ!」「もいっちょ、いいぜ!」をそれぞれ応援クリックお願いします!!
クリックすると、それぞれのランキングサイトにジャンプしてボクに票が入ります!!
得点が増えると、超がんばれます(笑)!!お願いしま~す!!(1日1回有効です)

ありがとうございました~!!!!ぶわっ



tag : 試してみたい

「問診」じゃないっす!!


「タイムロス!!」


渋滞


先日、健診のお仕事を頂きました

ボクの担当は「診察」です。

8割型ゆっくりペースで大丈夫な人数なんですが、

健診者の人数が多いときは、テンポと流れが重要です。

特に聴診のときに服をめくったり、それを直したりする時間が一番かかります。

暖かくなってきたので真冬よりはいいのですが、ワイシャツを着ている人がボタンを一個ずつはずして中のシャツをめくりあげ、診察が終わってまたボタンを一個ずつつけると結構な時間です

空気を読んで、少々乱れた服装でも外で直せばいいから・・・という人もいますが、それを強要することはできません(笑)

でも正直、健診だからせめてもう少しゆったりした服装で来て欲しいんだけどな〜なんて思う事もありますけどね


「診察」ブースでは、眼の下をぐっとめくって眼球結膜(めだまの白いところ)と眼瞼結膜(まぶたのうらの赤いところ)の診察→頸部リンパ節の触診→胸部の聴診という流れで診察を行っていきますが、

先日の健診でちょっと気になることが・・・(汗)

ボクの前の「採血」ブースのオバサマが、

「じゃあこのあと先生の問診があります」ってボクのところに案内するんです。

問診(もんしん)=[名]医師が患者を診察する際、まず、本人や家族の病歴、現在の病気の経過・状況などを尋ねること。(goo辞書より抜粋引用)

ですから、「問診」といわれるとどうしてもお話メインのイメージで伝わりますが、

健診では1人1人のお話を聞く時間は無く、「問診」に当たるところはあらかじめ書いてきてもらい、ブースで行うメインは「診察」です。

問診と言われたからか、患者さんは完全に油断していて、服をめくり上げる準備もしていません・・・

これが結構タイムロス!!

「ここでは診察をしますね」と改めて説明しないと、ビビられるし(笑)

「あ・・ああ。診察ね」って感じで


その日は少しでもスムーズに仕事をするために、診察を待つ検診者と、なんならそのオバサマに聴こえるように「じゃあ診察しますね〜!!」とでかい声言い続けましたが、

オバサマは終日「問診」と言い続け、ボクののどが疲れただけでした・・・(笑)

問診じゃないっす!!診察っす!!



    いいぜ!人気ブログランキング
 もいっちょ、いいぜ!日本ブログ村
のりのり麻酔科医は2つのブログランキングサイトに登録しています!!
「いいぜ!」「もいっちょ、いいぜ!」をそれぞれ応援クリックお願いします!!
クリックすると、それぞれのランキングサイトにジャンプしてボクに票が入ります!!
得点が増えると、超がんばれます(笑)!!お願いしま~す!!(1日1回有効です)

ありがとうございました~!!!!ぶわっ

続きを読む

tag : あるある

<スポンサーリンク>

decoboko.jp

個人情報について
当ブログでは、日常の麻酔業務に関するエピソード風の記事を多数紹介しています。 個人情報保護の観点から、「事実を元にしたフィクション」としてデフォルメしている部分がありますので、あらかじめご了承ください。
手術が決まった方へ・・・
医師ブログランキング
のりのり麻酔科医のお気に入り記事
カテゴリ
タグリスト

コメント一覧
 
PR
PR
価格.com ブロードバンド
PR
PR
宿・ホテル予約ならじゃらんnet
ボクは「Specialist vent」という商品を使っています。少しムレますが、血液や注射針から足が守れます!
クロックス オンラインショップ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。