FC2ブログ

プロフィール
メールはこちらから!

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

カレンダー
<
>
- - - - - - -
1 2 3 4 5 67
8 9 10 11 12 1314
15 16 17 18 19 2021
22 23 24 25 26 2728
29 30 31 - - - -

全記事

最新記事
月別アーカイブ
アンケート
アンケート
アンケート
アンケート
アンケート
アンケート
アンケート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一般人も歯が命!!


のりのり麻酔科医は只今2つのランキングサイトに登録しています。
下のバナーを1日1回クリックして頂けると票が入ります。
お手数をおかけしますが、応援クリックをよろしくお願い致します
 →      にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ



「芸能人は歯が命」ってCMが以前ありましたよね(笑)

でも、ボク達一般人もやっぱり歯は大切です

今日は麻酔に関わる「歯のトラブル」のお話です。



稀なものが多いとはいえ、どんな医療行為でも「合併症」というものが起こりえます。

もちろん麻酔も例外ではありません

そんな全身麻酔の合併症の1つに「歯牙損傷(しがそんしょう)」というものがあります。

簡単に言うと、歯が欠けてしまったり、折れてしまったり、抜けてしまったりする事です。



全身麻酔を行うと、麻酔薬の影響で自分で呼吸する力が弱くなってしまうため、

ご本人は眠っていて全くわかりませんが、空気の通り道(気管)に呼吸を助ける管を入れます。(場合によっては気管の手前までの管を使う場合もあります)

その際、通常は「喉頭鏡(こうとうきょう)」という金属の板とライトが組合わさった道具で喉の奥をよくみながら気管に管を入れます。

↓↓↓コレです

喉頭鏡 

無闇に管を入れると、呼吸とは関係ない「食道(しょくどう)」に入ってしまったり、気管の入り口を傷つけてしまう恐れがあるからです。


喉に管を入れるのに、入れやすい人と入れづらい人がいます。アゴが小さい人や口が開きづらい人、首が悪い人など入れづらくなる原因はたくさんあります。


ボクたち麻酔科医は、呼吸を助けるために、こういった管を入れるのが難しい人にも呼吸の管を入れなくてはいけません。


そのため、状況によっては、どんなに気をつけていてもこの金属の板が歯に当たって傷つけてしまう恐れがあるのです。

普通は大丈夫なのですが、術前回診で抜けそうな歯や弱っている歯がないか確認し、もしあればボクは

「呼吸を助ける事が優先される場合、どんなに気をつけていても金属の板で歯が傷ついてしまったり、ときには折れたり抜けてしまったりすることもあります」と前もって言っています。

たしかに「歯が折れたり抜けたりしてもいい」という人はいないと思いますが、呼吸の管が入れられないと命に関わるため、十分に説明して御理解を得ています。(不快に思われるかもしれませんが、それを含めての全身麻酔ということです)




ここからはボクの体験談です・・・



たまに外の病院に麻酔のお仕事に行く事があります。

そんなときは、術前回診別の麻酔科の先生にやっていただき、申し送りの紙で情報を共有します。



あるとき、ご年配の女性の全身麻酔を担当し、口に例の金属の器具を入れて気管に管を入れようとしたんです。(これを「挿管(そうかん)」といいます)


「ちょっと難しいな・・・」そう思いつつ、

なんとか気管の入り口を確認した瞬間衝撃的な映像が眼に飛び込んできました。


なんと、金属の板が触れていた前歯が90°天井を向いていたのです!!

「ええ!!全然無理してないのに!!!!なんでぇ!!!!!(泣)」

抜けはしませんでしたが、もう歯がぷらぷらです。


このままでもよかったのですが、もしこの歯が何かの拍子に抜けてしまい、のどの奥に落ちて、管を抜いた後に気管に入ってしまった場合、最悪窒息する可能性もあるため、危険と判断して抜きました

可能性として起こりうる合併症ですから、医療者としては仕方のないことですが、ご本人としては不本意だろうな・・・と落ちこみました(泣)

手術が終わって患者さんが病室に帰り、しっかり麻酔が覚めた頃を見計らって病室を訪問して事情を説明すると、


「ああ、前歯はもう抜けそうだったから、近々歯医者に行こうと思ってたんで大丈夫ですよ」
と御本人と御家族。


・・・術前回診の情報がしっかり共有できていませんでした

というか、麻酔をかける前に自分で確認する事を怠ったボクが悪いんですが(涙)



以来、自分で術前回診にいけなかった人でも、全員の歯や口の状態や基礎疾患等は眠る前に確認するようになりました。

麻酔科医としては当然のことなのですが、ボクはこの時に学んだんです




というわけで、皆さんも全身麻酔前には是非!!

らつきのある歯弱い歯歯医者さんで治療してもらってください

 ※治療するときは事前に主治医の先生にご相談ください!!




のりのり麻酔科医は只今2つのランキングサイトに登録しています。
下のバナーを1日1回クリックして頂けると票が入ります。
お手数をおかけしますが、応援クリックをよろしくお願い致します
 →      にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
関連記事
スポンサーサイト

tag : なるほど

コメント

Secret

先生はすごいね

私も麻酔科の先生に「歯が欠けたり、折れたりする可能性があります」
って、説明されました。

でも、口の中は実際に確認されていないけれど!?
意識ある時に歯を調べるのですか!?


のりのり先生は、1度の失敗を、肝に命じていらして、再度同じ間違いがないように頑張っていらっしゃる。

当たり前の事を、当たり前に行う事は、大変な努力だと思います。
お医者様の鏡ですね

はっぱさんへ

>はっぱさん
いつもコメントありがとうございます!!

> 私も麻酔科の先生に「歯が欠けたり、折れたりする可能性があります」
> って、説明されました。
> でも、口の中は実際に確認されていないけれど!?
> 意識ある時に歯を調べるのですか!?

術前回診で聞いたときは「ぐらぐらの歯はないです」って言ってたのに、眠ったあと器具を使う前に歯を触ってみたら結構ぐらぐらの人もいるんです・・・(泣)

だから、口の空き具合はわかるんですが、歯は触ってみないとわからないので、回診のときには問診だけで実際に確認しない麻酔科医もいるのかも(?)しれません・・・


> のりのり先生は、1度の失敗を、肝に命じていらして、再度同じ間違いがないように頑張っていらっしゃる 
> 当たり前の事を、当たり前に行う事は、大変な努力だと思います。
> お医者様の鏡ですね

いやいや(汗)・・・もったいのうお言葉です(笑)

ただ、たしかに「当たり前の事を当たり前に行う事」を心がけています!!なんかプロっぽくてかっこいいですし(笑)

ご機嫌よう!

挿管は、歯が折れる時もあるんですね!

女性の前歯が折れた時は、歯科の先生に抜歯してもらったんですかぁ?

歯の治療しておかないと危ないですね…。

歯科の先生の麻酔を、普段、麻酔科の先生は使ったりするんですか?

挿管

こんにちは。

あの管は麻酔科の先生が入れるんですね。
私は看護師さんが入れたのかと思っていました。
抜いたのが看護師さんだったので。

のりのり先生の記事を読んで、難しい措置なんだと改めて思いました。
それにしても麻酔科の先生は大変なお仕事ですね。
ただ麻酔だけかければいいってもんじゃないですものね。

たくさんの先生方のお力で、今私はこうして無事にいられるんですね。
改めて感謝します。

私、歯のこと聞かれたかな?
忘れました。
でも何ともありませんでした。

こんにちわ!
全麻体験の日が、秒読みに入って来ました。昨夜は娘が派遣のお仕事だったので家に帰って来ました。多数の書類、問診票に目を通して貰い 丁度、歯の話をしてた所です。
先生の解説は本当にわかりやすい!!
先生の解説プラス娘に聞いた事でどうにか納得出来ました。ありがとう☆彡
最後に 私はミカルディスを飲んでいます。術前には 中止するor中止しないで
先生の意見が分かれてます(総合病院で複数科受診している為)
娘の病院では、半々と聞きました。
のり×2先生だったらどうしますか?
* * *
では先生、この暑い夏場を元気にノリきって下さい。私も頑張ります(^^)












私は全麻の時はちゃんと説明受けましたよ。主治医の先生も注意事項教えてくれて、麻酔科の先生にも口の中覗かれました。『最悪、歯を抜くこともありますので…』って。そして最後の言葉は、『その場合は口腔外科でちゃんと治療しますので安心してくださいね』でした
( ̄◇ ̄;)
幸い歯は何ともありませんでした。
鏡見るまでは、心配でした。一応女性だしね…

リディアさんへ

>リディアさん
いつもコメントありがとうございます!!

> 挿管は、歯が折れる時もあるんですね!

そうなんです。通常は大丈夫なんですが、そういう場合もあります。

> 女性の前歯が折れた時は、歯科の先生に抜歯してもらったんですかぁ?

ぷらぷらだったので、麻酔導入後にボクが取りました。

> 歯の治療しておかないと危ないですね…。

ぐらぐらな歯は、時間があれば一応主治医の先生に確認してから治療して頂いた方がいいと思います!!

> 歯科の先生の麻酔を、普段、麻酔科の先生は使ったりするんですか?

局所麻酔は同じような物を使っていると思いますが、知り合いの歯医者さんに聞いてからまたお返事しますね(笑)

まみこさんへ

>まみこさん
いつもコメントありがとうございます!!

> こんにちは。

こんにちは♪

> あの管は麻酔科の先生が入れるんですね。
> 私は看護師さんが入れたのかと思っていました。
> 抜いたのが看護師さんだったので。

え〜!!・・・挿管も抜管も医療行為なので、医師がやります。お手伝いはしてもらうことはありますけどね

看護婦さんみたいな女医さんだったのかな〜って思います(笑)。・・・思わせてください!!

> のりのり先生の記事を読んで、難しい措置なんだと改めて思いました。
> それにしても麻酔科の先生は大変なお仕事ですね。
> ただ麻酔だけかければいいってもんじゃないですものね。

ありがとうございます(泣)患者さんは眠っているので、麻酔科は基本的には裏方ですね。忍者みたいな仕事だと思ってます(笑)

> 私、歯のこと聞かれたかな?
> 忘れました。
> でも何ともありませんでした。

よかったです♪たぶん・・・聞かれたと思いますよ(笑)

まりりんさんへ

>まりりんさん
再びコメントありがとうございます!!

> こんにちわ!
> 全麻体験の日が、秒読みに入って来ました。昨夜は娘が派遣のお仕事だったので家に帰って来ました。多数の書類、問診票に目を通して貰い 丁度、歯の話をしてた所です。

手術秒読みなんですね・・・!?超タイムリーな話題でしたね。

> 先生の解説は本当にわかりやすい!!
> 先生の解説プラス娘に聞いた事でどうにか納得出来ました。ありがとう☆彡

そう言って頂けると嬉しいです(泣)少しでもお役に立ててよかったです!!

> 最後に 私はミカルディスを飲んでいます。術前には 中止するor中止しないで
> 先生の意見が分かれてます(総合病院で複数科受診している為)
> 娘の病院では、半々と聞きました。
> のり×2先生だったらどうしますか?

あくまでもここでは一般的なお話しかできませんが・・・基本的には手術当日にいつも通り降圧薬は服用していただくんですが、たしかにミカルディスのような種類の降圧薬(ARBといいます)は当日は中止することもあります。降圧薬を飲んでいる普段の血圧が低めでなければどちらでも問題ないように思います。

> * * *
> では先生、この暑い夏場を元気にノリきって下さい。私も頑張ります(^^)

ありがとうございます!ボクも応援してます!!

落ち着いたらまたコメント頂けると嬉しいです♪

にしさんへ

>にしさん
いつもコメントありがとうございます!!

> 私は全麻の時はちゃんと説明受けましたよ。主治医の先生も注意事項教えてくれて、麻酔科の先生にも口の中覗かれました。『最悪、歯を抜くこともありますので…』って。そして最後の言葉は、『その場合は口腔外科でちゃんと治療しますので安心してくださいね』でした
> ( ̄◇ ̄;)

現代の医療現場では可能性のあることは事前に説明するのが当然になってますが、びびりますよね・・・こんなことを言われたら・・(汗)

患者さんが不安になるような非常に稀な合併症はどこまで詳しく話すべきか、非常に迷うところです(汗)

> 幸い歯は何ともありませんでした。
> 鏡見るまでは、心配でした。一応女性だしね…

よかったです♪そりゃあ気になりますよね!!

一応って・・・(笑)

おおおー

うわ。。。こうゆう器具!?使うんですか><
全身麻酔経験していますが。。。。
まじまじ見ると怖い(^^;)
私も書面ですが、全身麻酔の注意で歯のことは読みましたよ。
他喫煙とか。
手術の方もさることながら、麻酔も十分説明を聞かなきゃ行けませんね^^!

うわ~

全身麻酔をする時には、あんな物を使うんですねぇ~
私は、経験した事がありませんが、可能性があるならきちんと説明して欲しいですね(^_^;)
今日は、台風がきてるから凄い雨と風でしたね~、のりのり先生の所は、大丈夫でしたか?

くまぱんださんへ

>くまぱんださん
いつもコメントありがとうございます!!

> うわ。。。こうゆう器具!?使うんですか><
> 全身麻酔経験していますが。。。。
> まじまじ見ると怖い(^^;)
> 私も書面ですが、全身麻酔の注意で歯のことは読みましたよ。
> 他喫煙とか。
> 手術の方もさることながら、麻酔も十分説明を聞かなきゃ行けませんね^^!

やっぱりこれみたらこわくなっちゃいますよね(汗)

でも、逆に歯があぶないかもっていうのは超伝わるかなと・・・(汗)

実際に手術室に入室してからこの器具を実際に患者さんに見せて、歯の合併症を説明するドクターもいます。

「わかりやすさ」と、「不安をあたえる」の天秤です(涙)

ポティトさんへ

>ポティトさん
いつもコメントありがとうございます!!

> 全身麻酔をする時には、あんな物を使うんですねぇ~
> 私は、経験した事がありませんが、可能性があるならきちんと説明して欲しいですね(^_^;)

コレをみたら、歯が傷つきやすいのが御納得頂けますよね(汗)

でも、ほとんどの場合は大丈夫ですよ♪

> 今日は、台風がきてるから凄い雨と風でしたね~、のりのり先生の所は、大丈夫でしたか?

ボクは昨日当直で病院にいたので、少し雨の音が聞こえたくらいで、全然台風が来てる事は実感できませんでした(汗)一応直撃したはずですが・・・

<スポンサーリンク>

decoboko.jp

個人情報について
当ブログでは、日常の麻酔業務に関するエピソード風の記事を多数紹介しています。 個人情報保護の観点から、「事実を元にしたフィクション」としてデフォルメしている部分がありますので、あらかじめご了承ください。
手術が決まった方へ・・・
医師ブログランキング
のりのり麻酔科医のお気に入り記事
カテゴリ
タグリスト

コメント一覧
 
PR
PR
価格.com ブロードバンド
PR
PR
宿・ホテル予約ならじゃらんnet
ボクは「Specialist vent」という商品を使っています。少しムレますが、血液や注射針から足が守れます!
クロックス オンラインショップ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。