FC2ブログ

プロフィール
メールはこちらから!

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

カレンダー
<
>
- - - - - - -
- - - - - 12
3 4 5 6 7 89
10 11 12 13 14 1516
17 18 19 20 21 2223
24 25 26 27 28 2930
- - - - - - -

全記事

最新記事
月別アーカイブ
アンケート
アンケート
アンケート
アンケート
アンケート
アンケート
アンケート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全身麻酔の手順<前編>

「どうやってるの??」

マジック



「全身麻酔」というキーワードを検索するみなさんが、何が知りたくて調べているのかGoogleで調査していたところ、「全身麻酔の手順を教えてください!!あと、手術室に入ってから何分くらいで眠れますか?」という趣旨のQ&Aをみつけたので、記事にします。

説明だけでは良くわからないだろうと思ったので、イメージしやすいように「全身麻酔によくある風景」を”のりのり風に”シミュレーションしてみました。

読み飽きないように少しのりのりに書くので、ちょっと不謹慎と思われるかもしれませんがご了承ください(笑)


さて、全身麻酔は単独でやりますが、他の麻酔と組み合わせる事もあります。例えば硬膜外麻酔、神経ブロックなどです。

この
シミュレーションは全身麻酔単独の場合です。また、病院や患者さんの状態、麻酔科医によっては当然手順や経過時間が変わってきます。あくまでも一例として参考にしてくださいね♪

本日は手術室に入室してから手術開始までの「前編」をお送りいたします。

<全身麻酔によくある風景>
20XX年○月△日、某大学病院の手術室の入り口に全身麻酔で手術をうける、田中花子(たなかはなこ)さんが点滴台を押しながら病棟の看護師さんとやってきました。

午前8時30分(入室) 朝一番の手術の患者さんが一斉にやってくるため、花子さんは入り口で少し待たされました。思ったよりたくさんのスタッフや患者さんがいたので、少しビックリしました。

8時33分(名前確認)「お名前を教えてください。今日の手術は何かのどういう手術ですか?・・・」こんな感じで、名前や術式、手術部位の左右の確認などを手術室の担当の看護師がしました。確認が終わると手術室の入り口でストレッチャーに寝かされ、手術をする部屋に移動します。
「お早うございます田中さん。今日担当させていただく看護師の佐藤と鈴木です。よろしくお願いします」

担当の看護師が挨拶すると、「あ・・・よろしくお願いします」と花子さんが緊張した顔をしていたので、のりのり麻酔科医は笑顔で話しかけました。「お早うございます♪先日(術前回診に)伺った、のりのり麻酔科医です☆」

「あ〜!先生。よろしくお願いします。」大勢知らないスタッフに囲まれてちょっと緊張していた花子さんは、やっと知っているイケメン麻酔科医にあえたので少し安心しました。

のりのり麻酔科医「これからお部屋に移動します。廊下はちょっと寒いですが、部屋は暖めてありますからね」

花子さんは担当の看護師と、のりのり麻酔科医にベッドを押されて移動しました。

8時35分 部屋につくと、術衣を脱いで手術をするベッドに移動しました。薄い布しか掛けられていなかったので少し肌寒いな〜と思っていると、イケメン麻酔科医が「少し寒いですか?」と聞いてきたので、少し室内の温度を上げてもらいました。

8時38分 看護師が「いろいろ準備をしていきますね」というと、心電図のシールが胸の3カ所にはりつけられ、腕には自動血圧計が巻かれ、指の先に血液中の酸素の量みたいなのを測るクリップ(パルスオキシメーター)がつけられました。よくみると外科の先生も部屋にいるようです。

外科医「田中さん。がんばりましょうね」

田中さん「はい!お願いします。」

8時40分 血圧が測り終わり、心電図やパルスオキシメーターの値がしっかり出るのを確認して、のりのり麻酔科医はゴソゴソ動き始めました。

のりのり麻酔科医「これからお顔の前に酸素がでているマスクをのせます。少しの間、いい空気を吸っていてくださいね〜♪」

「いい空気なんていうけど、ちょっとマスクがゴム臭いな・・・」と花子さんが思っていると、

のりのり麻酔科医は点滴のボトルに薬を入れたり、点滴の途中の三方活栓からも薬を入れ始めているようです。

8時42分 のりのり麻酔科医「これから眠くなるお薬を入れます。すぐに寝ちゃいますからね。で、次気づいたときには手術が終わってるんですけど、咽に管が入っている状態で起こすので声が出なかったり、むせちゃったりすることがありますが、スグに管をぬきますから慌てないでくださいね♪」

8時42分30秒 花子さんはうなずくと、ものの数秒で眠ってしまいました。

花子さんが眠った後、呼吸のお手伝いをしながら、のりのり麻酔科医は更に薬を追加して、咽に呼吸を助ける管(挿管チューブ)を入れました。管が入ると、胸の音を聞いたり、モニターに出る呼気の二酸化炭素の量をみて、ちゃんと肺に入っているのを確認し、人工呼吸器につなげました。

また、全身麻酔中は自分でおしっこができないので、看護師さんがおしっこの管を入れました。

のりのり麻酔科医は「胃管」を入れたり、管類をテープを固定したり、眼が空きっぱなしになって乾燥しないように、まぶたにシールをはったりして準備を終えました。

8時48分 のりのり麻酔科医「お待たせしました〜♪」

のりのり麻酔科医が外科の先生に準備完了の合図をすると、外科の先生達が手術部位にマークをしたり、ポジションの調整を始めました。

準備が済むと、外科の先生や機械出しの看護師が手を洗って、手術部位の消毒をして、綺麗な布を掛けて、手術道具の準備をして手術が始まりました。

9時6分手術開始・・・


っとまあ前半はこんな感じです。

時間に関しては、「移動が自分で出来る人かそうでないか」「手術の体位」「麻酔薬の種類」「外科の先生の準備の早さ」などで毎回違いますが、おおまかにこんな感じだと思ってください☆

次回は手術終了から抜管、そして病室に帰るまでを
シミュレーションしてお伝えします

(後編につづく)




    いいぜ!人気ブログランキング
 もいっちょ、いいぜ!日本ブログ村
のりのり麻酔科医は2つのブログランキングサイトに登録しています!!
「いいぜ!」「もいっちょ、いいぜ!」をそれぞれ応援クリックお願いします!!
クリックすると、それぞれのランキングサイトにジャンプしてボクに票が入ります!!
得点が増えると、超がんばれます(笑)!!お願いしま~す!!(1日1回有効です)

ありがとうございました~!!!!ぶわっ


<自己記事評>

「〜によくある風景」っていうのは、「とんねるずのみなさんのおかげです」やっていたコントの題名でおなじみでしたね(笑)

なんか思い出しちゃって1人でウケてました(笑)

関連記事
スポンサーサイト

tag : なるほど

コメント

Secret

華麗なる手技

本格的な準備から、準備完了まで10分弱(イメージと全然違う)とは…

一連の流れ、テンポというか手際が良くって(無駄な動きがないんでしょうね♪)、凄いな~と感じました☆

臨場感!!

イケメンの、のりのり麻酔科医の先生、こんばんは~♪

うゎ~臨場感いっぱいですね。
手術室って、こんな感じですよね。
色々、思い出しました。

看護師さん名乗ってくれなかったな~ とか。
手術室に入った瞬間に、眠った時もあったな~とか。

まぶたにをテープ止めしてあるのは、術中に目覚めた時に見えないようにするためかと思っていましたが、眼が乾燥しないためだったんですね(*_*)勘違いだった。

でも、前にのりのり先生からの問題で、術中に目覚めたら、キョロキョロするのでなかったっけ??
あれ??眼開けれない??

挿管するような手術では、途中で目覚めないのかな~?

ん~??

(*´ー`*)わかりやすい♪(  ̄▽ ̄)あははは

寒くないですか?なんて一回も聞かれなまま無愛想なヤツにいらっとしながらいましたね~

太くて痛い点滴針から「麻酔入れるから眠くなるよ~」と言われて即寝。すぐ寝ちゃいました。

麻酔で寝てるのは夜寝ているのと同じなんですか?手術が終わり夜はうつらうつらしながら出入りしている看護師さんに目が覚めたり…

知らぬ間に色々されちゃってるんですねえ。たしかに看護師さんややたら人が多くて主治医は見つからないまま39.4°も熱があったのに手術受けました。

ん!のりのり先生=イケメン麻酔科医か…先生。今年、花粉症デビューしました♪先生は無事ですか?目だけですけどねぇ…

その通り!!

イケメンのりのり先生、こんにちわ~(^-^)(笑)


いつもの、お仕事での行為なので、『その通り!!』って、当たり前なんですけど、あったかみのある解説ありがとうございました(^-^)


『術衣をぬいで~』ってあったけど、素っ裸で移動させるのですか?
もしそうなら、嫌だな~(/_;)
私の時は、移動するにも術衣の上にバスタオルかけてくれて、移動中も絶対に術衣を着た体が見えないようにしてくれました。移動する時に後ろ身ごろ半分が取れていて、移動終えてからバスタオルの下で、ささっと術衣をとってたみたいでしたから、一瞬でも素っ裸になった記憶ありません。のりのり先生のとこも、そういう配慮はあるでしょう!?


室内の温度は全く気にならない位の温度でした!


心電図のシール貼りは、すごい職人技でした(笑) 私の手術部位は乳房なのですが、これはあとから聞いて判った事ですが、あまりにも一瞬で、なに? なにかした? と思う位(笑)。移動し寝る姿勢になるまでの頭を倒す時に肩の後ろにパパっと貼ったのです。何が起きたのか、それとも何もしてないのに私の勘違いなのかと疑う位の一瞬の出来事でした(笑)すぎょい!!!


おしっこの管は今は『術前にできるだけ痛い思いさせない』って事で麻酔かけてから入るんですね~。私知らなくて、昔の痛かったのがトラウマで、入院時に師長さんに、『すいません、おしっこの管は麻酔かけてから入れて頂くわけにはいきませんか?』とお願いしてしまいました。師長さんはニコッとして『わかった、伝えておくから安心して』と言ってくれました。


一番安心したのは、やはり『知った顔』をみつけた時でした!いつもの外来の看護師さんが手術に入ってくれていて声かけてもらった時、緊張が和らぎました~。『知ってる人がいる』って やはり安心しますね~(^-^)

写真、確かにどうやってるの!?*\(^o^)/*
気になります!!Σ(゚д゚lll)

全身麻酔で完全に意識が無くなって、そのまま死んでしまうかも、と不安に成るので…流れが分かるだけで安心します★
局所麻酔で出来る手術なら、私は意識があったまま受けたいです★
(今の所は予定はないですけど…遺伝とか生活環境によって予想は出来ても、「誰が何時、どんな病気になるか」なんて分かりませんもんね★)

私は昨日、久しぶりに皮膚科に行きました*\(^o^)/*
中学の時に足の親指の巻爪の手術を受け、その時からお世話になってます(・Д・)ノ物静かで、あんまり説明とかしてくれませんが、雰囲気が優しい男性の先生です★
胸の真下にあったホクロが痛いのと、右足小指のマメが痛くて受診したら…
先生がボソボソと「小指のはマメじゃなくてタコだね。ホクロは取っちゃおうか。5分も有れば出来ちゃうから。」と…タコも処置して貰い、ホクロも麻酔注射されたかと思ったら直ぐにレーザーを!
あそこまで直ぐに麻酔が効果あるなんて驚きましたΣ(゚д゚lll)
帰って来てから「ホクロ、取る程ヤバイかんじだったなら、取って貰って安心したけど…マメとタコの違いは何だ…!?」と気になって仕方ありましぇん!Σ(゚д゚lll)
違いは何ですか?(汗)

昨日のハチャメチャな院長の件、お返事有難うございます★(*^^*)
のりのり先生は立派で需要がある麻酔科医先生だから、立場はだいぶ違いますが、私も病院を変えようと思います★
でも、世の中不景気だし、在職しながら次の病院を都合良くは見つけられる訳は有りませんが…
こっそり転職先を探そうと思います(*^^*)
のりのり先生は「のりのりなイケメン麻酔科医」から「のりのりなイケメン精神科医」にもなれちゃいそうですね(*^^*)
あ、でも、精神科医はのりのり過ぎたら駄目なんでしょうか?Σ(゚д゚lll)
でも、きっとのりのり先生なら、よぉくお話聞いてくれて「良いお薬ありますよ★」って一言で安心させてくれる様な診察してくれそうですけどね(*^^*)

No title

う~ん、リアルだ~!
まるでドラマを見ているみたいです。v-74

自分が帝王切開を受けた時を思い出しちゃいました。

No title

こんばんは。
コリエの時は、麻酔から覚める時に手を揉まれていました。
揉まれながら名前を呼ばれていましたよ。
何で??と思いましたが、息苦しくてそれどころではなく、聞きそびれてしまいました。

イケメン麻酔科医監修

どこかで 「イケメン麻酔科医のりのり先生」監修とテロップに出そう。
名前、手術内容、麻酔内容を入り口と台の上で申告し、確認するのが緊張しました。
麻酔で咳き込み、不安で泣きながら眠りました。
起きたら、輸血用の血管探しで騒がしかった。
寝起き時は術衣着てましたよ。

まるさんへ

>まるさん
いつもコメントありがとうございます!!

> 本格的な準備から、準備完了まで10分弱(イメージと全然違う)とは…
> 一連の流れ、テンポというか手際が良くって(無駄な動きがないんでしょうね♪)、凄いな~と感じました☆

そうですか!!書いてよかったです♪

もちろんテンポが悪いときもありますし、もっとやらなくてはいけないときもありますけどね(笑)

分かり易く、超シンプルな例を選びました〜☆

はっぱさんへ

>はっぱさん
いつもコメントありがとうございます!!

> イケメンの、のりのり麻酔科医の先生、こんばんは~♪

ふふふ(笑)こんばんは〜♪

> うゎ~臨場感いっぱいですね。
> 手術室って、こんな感じですよね。
> 色々、思い出しました。

臨場感でてますか?!(笑)よかったです♪

> 看護師さん名乗ってくれなかったな~ とか。
> 手術室に入った瞬間に、眠った時もあったな~とか。

ま・・・まあ、必ずしもこういうわけではありませんからね♪

あくまでも一例です☆

> まぶたにをテープ止めしてあるのは、術中に目覚めた時に見えないようにするためかと思っていましたが、眼が乾燥しないためだったんですね(*_*)勘違いだった。
> でも、前にのりのり先生からの問題で、術中に目覚めたら、キョロキョロするのでなかったっけ??
> あれ??眼開けれない??
> 挿管するような手術では、途中で目覚めないのかな~?
> ん~??

術中に目覚めたらキョロキョロしてください〜というのは、「鎮静」ですね♪

挿管するような「全身麻酔」は深い麻酔でやりますから、普通は起きません。

麻酔が深くて眼が半開きになっちゃってると、眼が乾燥して角膜潰瘍になってしまうこともあるので、テープでまぶたを閉じます。

逆に起こすときは開眼するかも一つのサインですから、それがわかるようにテープははがしておきます☆


みみすけさんへ

>みみすけさん
いつもコメントありがとうございます!!

> 寒くないですか?なんて一回も聞かれなまま無愛想なヤツにいらっとしながらいましたね~
> 太くて痛い点滴針から「麻酔入れるから眠くなるよ~」と言われて即寝。すぐ寝ちゃいました。

でた・・無愛想麻酔科医!!(苦笑)

> 麻酔で寝てるのは夜寝ているのと同じなんですか?手術が終わり夜はうつらうつらしながら出入りしている看護師さんに目が覚めたり…

これは薬の種類や切り方=醒まし方によって違うと思います。

つまり、切れのよい薬が夢も見ない深い麻酔から急に覚めれば夢もみないと考えられ、逆に切れの悪い薬や少しずつ投与量を減らした場合は、うとうと夢を見る浅い眠りの時期が生じるので夢をみるのかな・・・とボクは思っています。

> 知らぬ間に色々されちゃってるんですねえ。たしかに看護師さんややたら人が多くて主治医は見つからないまま39.4°も熱があったのに手術受けました。

う〜ん(笑)状況によりますからね・・・(汗)手術をすれば熱が下がる病態だったか、熱があっても早く手術をした方が良い病状だったか・・・

> ん!のりのり先生=イケメン麻酔科医か…先生。今年、花粉症デビューしました♪先生は無事ですか?目だけですけどねぇ…

ボクは2週間ほど前から薬を飲み始め、今の所は大丈夫です(汗)

今年は花粉が多いそうですね(汗)それでデビューしちゃったのかな?!

でもまだまだこれからですからね・・・

これでみみすけさんも仲間ですね・・・(笑)

のりのり先生こんにちは!

何となく質問ですが、歩いて入室できる患者さんを、手術室入口から手術台まで一旦ストレッチャーに乗せるのはなぜですか?

私はいつもテクテク歩いて行って、手術台に乗りますよ~。

まーさんへ

>まーさん
いつもコメントありがとうございます!!お返事遅れてスミマセン(汗)

> イケメンのりのり先生、こんにちわ~(^-^)(笑)

こんにちわ〜♪

> いつもの、お仕事での行為なので、『その通り!!』って、当たり前なんですけど、あったかみのある解説ありがとうございました(^-^)

そう言っていただけると嬉しいです♪ありがとうございます!!(泣)

> 『術衣をぬいで~』ってあったけど、素っ裸で移動させるのですか?
> もしそうなら、嫌だな~(/_;)
> 私の時は、移動するにも術衣の上にバスタオルかけてくれて、移動中も絶対に術衣を着た体が見えないようにしてくれました。移動する時に後ろ身ごろ半分が取れていて、移動終えてからバスタオルの下で、ささっと術衣をとってたみたいでしたから、一瞬でも素っ裸になった記憶ありません。のりのり先生のとこも、そういう配慮はあるでしょう!?

書き方が悪かったですね(汗)ごめんなさい!!

当然素っ裸になることはなく、上に布やバスタオルをかけてます!!(汗)

> 室内の温度は全く気にならない位の温度でした!
> 心電図のシール貼りは、すごい職人技でした(笑) 私の手術部位は乳房なのですが、これはあとから聞いて判った事ですが、あまりにも一瞬で、なに? なにかした? と思う位(笑)。移動し寝る姿勢になるまでの頭を倒す時に肩の後ろにパパっと貼ったのです。何が起きたのか、それとも何もしてないのに私の勘違いなのかと疑う位の一瞬の出来事でした(笑)すぎょい!!!

それはスゴいですね〜!!(笑)というか、それを評価された人がいなかったので新鮮でした(笑)

> おしっこの管は今は『術前にできるだけ痛い思いさせない』って事で麻酔かけてから入るんですね~。私知らなくて、昔の痛かったのがトラウマで、入院時に師長さんに、『すいません、おしっこの管は麻酔かけてから入れて頂くわけにはいきませんか?』とお願いしてしまいました。師長さんはニコッとして『わかった、伝えておくから安心して』と言ってくれました。

そうですね。基本は麻酔がかかった後に行います♪

> 一番安心したのは、やはり『知った顔』をみつけた時でした!いつもの外来の看護師さんが手術に入ってくれていて声かけてもらった時、緊張が和らぎました~。『知ってる人がいる』って やはり安心しますね~(^-^)
> ・

そうみたいですね!!前日に説明しにいっただけでも違うらしく、術前回診のかいがあったな〜と思う瞬間です☆

友里さんへ

>友里さんへ
いつもコメントありがとうございます!!お返事遅れてスミマセン(汗)

> 写真、確かにどうやってるの!?*\(^o^)/*
> 気になります!!Σ(゚д゚lll)

どうやっているんでしょうね?(笑)・・・ボクもわかりません(汗)

> 全身麻酔で完全に意識が無くなって、そのまま死んでしまうかも、と不安に成るので…流れが分かるだけで安心します★
> 局所麻酔で出来る手術なら、私は意識があったまま受けたいです★
> (今の所は予定はないですけど…遺伝とか生活環境によって予想は出来ても、「誰が何時、どんな病気になるか」なんて分かりませんもんね★)

たしかに下半身麻酔でも「起きていたい」っていう人もいますね。・・・ボクだったら眠っていたいですけど(笑)

> 私は昨日、久しぶりに皮膚科に行きました*\(^o^)/*
> 中学の時に足の親指の巻爪の手術を受け、その時からお世話になってます(・Д・)ノ物静かで、あんまり説明とかしてくれませんが、雰囲気が優しい男性の先生です★
> 胸の真下にあったホクロが痛いのと、右足小指のマメが痛くて受診したら…
> 先生がボソボソと「小指のはマメじゃなくてタコだね。ホクロは取っちゃおうか。5分も有れば出来ちゃうから。」と…タコも処置して貰い、ホクロも麻酔注射されたかと思ったら直ぐにレーザーを!
> あそこまで直ぐに麻酔が効果あるなんて驚きましたΣ(゚д゚lll)
> 帰って来てから「ホクロ、取る程ヤバイかんじだったなら、取って貰って安心したけど…マメとタコの違いは何だ…!?」と気になって仕方ありましぇん!Σ(゚д゚lll)
> 違いは何ですか?(汗)

う〜ん。専門外なので良くわかりません(汗)ごめんなさい!!

今度皮膚科を受診した際に、かかりつけの先生に教えてもらってください♪

> 昨日のハチャメチャな院長の件、お返事有難うございます★(*^^*)
> のりのり先生は立派で需要がある麻酔科医先生だから、立場はだいぶ違いますが、私も病院を変えようと思います★
> でも、世の中不景気だし、在職しながら次の病院を都合良くは見つけられる訳は有りませんが…
> こっそり転職先を探そうと思います(*^^*)
> のりのり先生は「のりのりなイケメン麻酔科医」から「のりのりなイケメン精神科医」にもなれちゃいそうですね(*^^*)
> あ、でも、精神科医はのりのり過ぎたら駄目なんでしょうか?Σ(゚д゚lll)
> でも、きっとのりのり先生なら、よぉくお話聞いてくれて「良いお薬ありますよ★」って一言で安心させてくれる様な診察してくれそうですけどね(*^^*)

そうですか〜!!いずれにしても次のステップにいけたのならよかったです♪

精神科医の先生がのりのりだったらどうでしょうね?(笑)・・・ボクも空気を読んでのりのりにしてないときもありますよ〜(笑)

揚げせんさんへ

>揚げせんさん
いつもコメントありがとうございます!!お返事遅れてスミマセン(汗)

> う~ん、リアルだ~!
> まるでドラマを見ているみたいです。v-74

そう言っていただけると嬉しいです♪ありがとうございます!!(笑)

> 自分が帝王切開を受けた時を思い出しちゃいました。


帝王切開ですか〜☆これから麻酔を受ける方もこのブログを読んでくださっているようなので、みなさんのコメントもすんごく貴重です♪ありがとうございます!!


コリエさんへ

>コリエさん
いつもコメントありがとうございます!!お返事遅れてスミマセン(汗)

> こんばんは。
> コリエの時は、麻酔から覚める時に手を揉まれていました。
> 揉まれながら名前を呼ばれていましたよ。
> 何で??と思いましたが、息苦しくてそれどころではなく、聞きそびれてしまいました。

ええ〜!!(驚)・・・これは興味深いお話ですね♪

手をもみながら・・・斬新です☆

強い刺激を与えずに、もみもみ刺激で起こすというクオリティーに達している麻酔科医の先生だったんでしょう!!・・・たぶん!!(笑)

ひろさんへ

>ひろさん
いつもコメントありがとうございます!!お返事遅れてスミマセン(汗)

> どこかで 「イケメン麻酔科医のりのり先生」監修とテロップに出そう。

ふふふ(笑)ありがとうございます!!

> 名前、手術内容、麻酔内容を入り口と台の上で申告し、確認するのが緊張しました。
> 麻酔で咳き込み、不安で泣きながら眠りました。
> 起きたら、輸血用の血管探しで騒がしかった。
> 寝起き時は術衣着てましたよ。

患者さんと手術部位の間違いをしないように、患者さん自身にそれらを言っていただく病院が多いと思いますが、たしかにご本人にしては緊張する作業でしょうね・・・(汗)

「咳き込む」ということでも患者さんが不安で泣きそうになるということは非常に貴重なご意見です。

吸入麻酔薬によっては気道を刺激し易いのと、そうでもないものがあります。

現在日本で使用可能な吸入麻酔薬は限られていますので、我々医療者から見ると基本的には大差ないのですが、少しでも刺激が少ない方がよいということを再認識しました。ありがとうございます。

名無しさんへ(笑)

>名無しさん

> のりのり先生こんにちは!

こんにちは〜♪

> 何となく質問ですが、歩いて入室できる患者さんを、手術室入口から手術台まで一旦ストレッチャーに乗せるのはなぜですか?
> 私はいつもテクテク歩いて行って、手術台に乗りますよ~。

なぜですかって言われると難しい質問ですね!!(汗)

病院によってはほとんど全例ベッドで入室するところもあるし、歩ける患者さんは歩いて入室ってところもありますけどね・・・

思うに・・・

(1)手術室が広いとあるくの大変
(2)ベッドで案内した方が患者さんが余計な物を目にしたり、触ったりする危険が減る
(3)ベッドの方が気分が悪くなりづらい
(4)単にそういう決まり

ってところではないでしょうか?!

いろんな人に聞いてみて、新しい情報があれば記事にします♪貴重なご意見ありがとうございました!!
・・・できれば次はお名前も入れてくださいね(笑)☆

わぁ~
名前入れたつもりだったんですけどスミマセン。
ストレッチャーの話はワタクシもこもこでした!

手術室って広くて沢山あるんですね!施設によりけりでしょうけど、私がお世話になっているのは大きな大学病院なので、きっと沢山ありますね!

不思議ですが、いつも手術室入口から手術台まで歩いているのに、道中の記憶が全然ありません。点滴もしてないのに。

きっと緊張のせいですねー。

もこもこさんへ

>もこもこさん
いつもコメントありがとうございます!!

> わぁ~
> 名前入れたつもりだったんですけどスミマセン。
> ストレッチャーの話はワタクシもこもこでした!

そうだったんですね〜♪どなたか分かってよかったです☆

> 手術室って広くて沢山あるんですね!施設によりけりでしょうけど、私がお世話になっているのは大きな大学病院なので、きっと沢山ありますね!

大学病院はたくさんあるでしょうね!!

> 不思議ですが、いつも手術室入口から手術台まで歩いているのに、道中の記憶が全然ありません。点滴もしてないのに。
> きっと緊張のせいですねー。

う〜ん・・・緊張だけなのかな?!(笑)その後に使う薬のせいも少しはあるのかもしれませんけどね?!

手術初体験

お久しぶりの書き込みでございます。
PCの調子が良くないので、なかなか来れなかったのですよ。
突然固まったりするんでね・・・。

今年の4月に、初手術をしました。
外科とか内科ではなく、口腔外科なんですけどね。

レントゲンとってみたら
腫瘍のようなものがあると言われました。
CT画像だと、骨のようにも見えるんだけど・・・とも。
どっちだかわかんないので、手術してみましょうと。
ついでに、水平と斜めになってる親知らずも抜くことに。

あちこち処置しないといけないので、問答無用で全身麻酔コースですよ。

手術は、4番目だったけど(14時半開始予定)
待ち時間が長すぎて心臓に悪かったなぁ・・・。

周りがバタバタしてきたなぁと思ったら、
筋肉注射(右手の二の腕にブスっと)の後から記憶なし。

手術室がどんなカンジなのか、手術前に先生方に挨拶したいなぁとか・・・いろいろ考えてたのに!!
次に目が覚めたのは、手術後の病室でした。

手術中に何が行われてたのか、全く分からなかったんで
この記事は分かりやすくて良いなぁと。

こういう専門分野のことって、本人は日常茶飯事のことだけど
素人からすると、『へー、そうなんだぁ』って知る事も多いですからね。

すいません・・・やたら長いコメになっちゃいました。

蜜柑

>蜜柑さん
いつもコメントありがとうございます♪

> お久しぶりの書き込みでございます。
> PCの調子が良くないので、なかなか来れなかったのですよ。
> 突然固まったりするんでね・・・。

お久しぶりです☆コメント嬉しいです♪

もうPCの調子はよくなりましたか??

いきなり固まったりすると、江戸時代の人には到底理解できないであろうイライラ感がありますよね?(泣)

現代ならではのストレスですね〜(汗)

> 今年の4月に、初手術をしました。
> 外科とか内科ではなく、口腔外科なんですけどね。

そうですか〜!!お疲れさまでした!(汗)

> レントゲンとってみたら
> 腫瘍のようなものがあると言われました。
> CT画像だと、骨のようにも見えるんだけど・・・とも。
> どっちだかわかんないので、手術してみましょうと。
> ついでに、水平と斜めになってる親知らずも抜くことに。
> あちこち処置しないといけないので、問答無用で全身麻酔コースですよ。
> 手術は、4番目だったけど(14時半開始予定)
> 待ち時間が長すぎて心臓に悪かったなぁ・・・。

たしかに、朝一番ではなくて時間がちゃんと決まっていない患者さんは、みんな待ち時間がイヤだったとおっしゃいますね・・・(汗)

> 周りがバタバタしてきたなぁと思ったら、
> 筋肉注射(右手の二の腕にブスっと)の後から記憶なし。

え・・・映画みたいですね(汗)

> 手術室がどんなカンジなのか、手術前に先生方に挨拶したいなぁとか・・・いろいろ考えてたのに!!
> 次に目が覚めたのは、手術後の病室でした。
> 手術中に何が行われてたのか、全く分からなかったんで
> この記事は分かりやすくて良いなぁと。

そういって頂けると嬉しいです♪

もちろん、ボクがご紹介しているのは一般的なお話なので、施設や患者さんの状態によっては違うと思いますが・・・(汗)

> こういう専門分野のことって、本人は日常茶飯事のことだけど
> 素人からすると、『へー、そうなんだぁ』って知る事も多いですからね
> すいません・・・やたら長いコメになっちゃいました。

いえ!!貴重なご意見ありがとうございました!

無事に手術も終えられたようなので、よかったです☆

追記

PC動かないと、ほんとストレスですよ!!
特に、嵐の新譜情報出た時とか。
早く予約しなきゃ
初回盤無くなるんだけど!!って焦ります。
動く時は動くけど、急に重くなったり固まったりします。

前回のコメで書き忘れてました。
腫瘍かも?って言われてた部分は、結局骨でした。
骨は長い時間をかけて再生されるらしいので
10月にまた口腔外科でレントゲンを取る予定です。

蜜柑さんへ

>蜜柑さん
いつもコメントありがとうございます!!

> PC動かないと、ほんとストレスですよ!!
> 特に、嵐の新譜情報出た時とか。
> 早く予約しなきゃ
> 初回盤無くなるんだけど!!って焦ります。

すごい!!(笑)ボクと同じテンションですね!!

> 動く時は動くけど、急に重くなったり固まったりします。

言いづらいんですが・・・

買い替えの時期だと思います!!(汗)

> 前回のコメで書き忘れてました。
> 腫瘍かも?って言われてた部分は、結局骨でした。
> 骨は長い時間をかけて再生されるらしいので
> 10月にまた口腔外科でレントゲンを取る予定です。

そうですか☆大分先なので予約を忘れないようにしてくださいね(笑)

<スポンサーリンク>

decoboko.jp

個人情報について
当ブログでは、日常の麻酔業務に関するエピソード風の記事を多数紹介しています。 個人情報保護の観点から、「事実を元にしたフィクション」としてデフォルメしている部分がありますので、あらかじめご了承ください。
手術が決まった方へ・・・
医師ブログランキング
のりのり麻酔科医のお気に入り記事
カテゴリ
タグリスト

コメント一覧
 
PR
PR
価格.com ブロードバンド
PR
PR
宿・ホテル予約ならじゃらんnet
ボクは「Specialist vent」という商品を使っています。少しムレますが、血液や注射針から足が守れます!
クロックス オンラインショップ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。