プロフィール
メールはこちらから!

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

カレンダー
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

最新記事
月別アーカイブ
アンケート
アンケート
アンケート
アンケート
アンケート
アンケート
アンケート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病院に行くと病気になる??


「50代医師が結核感染=635人が受診―静岡」 時事通信10月15日(Yahooニュース)

っというニュース。

静岡県で50代の男性医師が結核を発症し、この医師の診察を受けた635人に感染の可能性があるとして、県が調査をすることを決めたそうです。
 

おそらく今後、保健所等で感染の可能性がある人の健康診断が行われるのだと思います。


それにしても、毎日100人以上の患者さんを診察する先生もいるので、万一医師が感染源になるとその影響は少なくないですよね。しかも、患者さんは感染症に抵抗力のある人ばかりではありません。


医師も人間ですから、どんなに気をつけていても、感染症にかかることはあると思います。

しかし、代わりの医師がいない場合は無理をしてでも仕事をすることもあるのではないでしょうか。

そういった環境が、感染の拡大に繋がってしまう可能性があります。


すぐに代診がみつかるシステムの世の中ならいいのですが・・・。


代診が依頼できない職場で働く医師は、第一に体調管理に気をつけなければいけませんね。


ボクもまずは自分のできること・・・手洗い・うがい・インフルエンザの予防注射をしっかりしようっと。



    いいぜ!人気ブログランキング
 もいっちょ、いいぜ!日本ブログ村
のりのり麻酔科医は2つのブログランキングサイトに登録しています!!
「いいぜ!」「もいっちょ、いいぜ!」をそれぞれ応援クリックお願いします!!
クリックすると、それぞれのランキングサイトにジャンプしてボクに票が入ります!!
得点が増えると、超がんばれます(笑)!!お願いしま~す!!(1日1回有効です)

ありがとうございました~!!!!ぶわっ


関連記事
スポンサーサイト

tag : なるほど

コメント

Secret

こんにちは~(^o^)/
ちょっと怖い話ですね。
個人病院の先生だったら、体調が悪くても 頑張っちゃいそうですよね(^_^;)

私は昨年の冬、子供が二人いるんですが、続けて溶連菌に感染して、しまいには私も熱が出てきたので、溶連菌が伝染ったと思って病院に行ったら、私はインフルエンザでした(; ̄O ̄)
子供たちを病院に連れて行ったときに、私だけインフルエンザをもらってきてしまったみたいです。
家でも、食事のとき以外はずーっとマスクしてたら、誰にも伝染りませんでした。
今年は気を付けます。
のりのり先生も気を付けてくださいね~( ´ ▽ ` )ノ

今日も

のりのり先生、こんにちは~♪

今日も、滋賀医科大学附属病院で看護師さんの結核感染が判明。700人と接触とのニュースがありましたね。

人間である以上は、感染症は防ぎようがないとは思うのですが、医療従事者からの感染は避けなければならないですからね。

でも、医療従事者は常に患者さんから感染の危険にさらされる訳で、私はアルバイトで接触したおじいちゃんが、結核に感染していたという経験があります。

お医者さんが全員、防護服で診察するのもねぇ。

やっぱり、努力は出来ても100%防ぐのは無理なんでしょうね。

(-""-;)ビミョーッ。

そりゃ医者だって人間だから結核にもなりますよね。昔、上司だったワイルド友ドクターがブツブツ言ってましたねぇ~

「看護師はいいよなぁ~熱が出れば先生診てください!!下痢すれば先生、排便がこんなんですよ!!インフルエンザだって診断するのは僕らだろ?」と。まぁ…若干偏り気味な話ですが、確かに先生のいう通りな部分もありますね。

私をオペした整形のドクターは「常勤ひとりだからどんだけ腰が痛くたって熱があっても手術もするし外来も出る!!たかが腰痛でいちいち診断書書いて休んでたら仕事にならない」とキレました。

確かに医者だって人間だから仕方ない…けど、患者側には関係ない話ですよね~結核の先生も代診や休診も難しいかも知れなかったけれど、医学のプロとして何ともお粗末な気がしちゃいます。

ワイルドドクターも「インフルエンザでも診察する」て宣言してましたが、熱も出してないし人4倍遊んでるし中性脂肪高いぐらい美味しいもの食べてるし…

スタンダードプリコーションで行くしかないですねぇ~何だか病院に行くのが怖いですね。先生も気を付けて下さいねぇ~

先生、意味がちょっと違うだけとね、"病院に行くと、病人になる"はホントだよ。今までティシャ-着てて、1人で歩いてても、病院で腕にネームバンドになって、病衣着ると、病人ぽいになる。今は、家で送る時間と病院で送る時間が半分だよ。

こんばんは★

医師や看護師も人間だから、感染症や病気になりますよね。
でも、感染症にかかるリスクが高い医療従事者だからこそ、のりのり先生みたいに予防しないといけないですよね(;´Д`A
予防を何もしないで、「インフルエンザになっちゃったから欠勤します」では社会人失格だと思います(;´Д`A

私も今は保育士として、保育園の0歳児クラスを複数の保育士で担任していますが…
保育士の中にも「社会人として、保育士として最低な人間」は居ますよ(;^_^A
言葉を話せない0歳の子ども達に「某有名な犯罪者に似てるから」とあだ名を付けて呼び出したり、「この子のママもデブでブスだから残念な仕上がりだね」と言っていたり、私が2回同じ事を注意を受けたら「(舌打)何度も言ってやったのに!」と言ってみたり…

予防無しに感染症にかかる医療従事者や保育士以上に、最低な保育士の話を思わず書いてしまいましたm(_ _)m失礼しましたm(_ _)m

No title

今晩は、投稿2回目のにこです。

代打が効かない専門のお医者様なども本当に大変ですね・・・
感謝の気持ちがより湧いてきます。

2年間看て頂いていた先生が、最後の日にマスクでした。
マスクですみませんね、と言って下さり、もらってしまうから先生は大変ですね、と言いましたら、いえ移してしまったら申し訳ないですのでね・・・と。

厳しさの中に優しさがある50代の疲れたおじちゃん先生でしたが、2年間の難航した治療に感謝を述べ、さようならをしました。

今半年経ち、やっと痛みが消え回復してきたのを感じ、整形のなかなか良くならない面倒な大変な患者だったので、感謝のお礼状がてら、元気に回復している事をおつたえできたらな、と思ったりです。

半年経ってお礼状が来たら忘れているかな。驚きますかね。

にんげんだもの。

感染源が医者…って、実は確率高いことなんじゃ…
感染者と接触しまくりの状況で、なんか、しょうがないんじゃないの?と思います。
のりのり先生も言うように、代わりの先生がいない場合、というのがなんとも…
お医者さん個人の頑張りに頼り過ぎてちゃ、また起きることだよなー、これ。と思いました。

No title

確かにかぜのはやる季節には、病院に行くと病気になるって感覚わかります!

怖いですね~先生いつも最前線でお仕事なさっているのですね!負けないでね!!うがい手洗い大切ですよね!!

はらちんさんへ

>はらちんさん
いつもコメントありがとうございます!!

> こんにちは~(^o^)/

こんにちは〜♪

> ちょっと怖い話ですね。
> 個人病院の先生だったら、体調が悪くても 頑張っちゃいそうですよね(^_^;)
> 私は昨年の冬、子供が二人いるんですが、続けて溶連菌に感染して、しまいには私も熱が出てきたので、溶連菌が伝染ったと思って病院に行ったら、私はインフルエンザでした(; ̄O ̄)
> 子供たちを病院に連れて行ったときに、私だけインフルエンザをもらってきてしまったみたいです。
> 家でも、食事のとき以外はずーっとマスクしてたら、誰にも伝染りませんでした。
> 今年は気を付けます。
> のりのり先生も気を付けてくださいね~( ´ ▽ ` )ノ

この先生も診療所だったそうなので、代わりはすぐに見つからなかったのかもしれませんね(汗)

症状も強くなければ休まなそうだし・・・

付き添いで病院にいってインフルエンザ・・大変でしたね(泣)

はっぱさんへ

>はっぱさん
いつもコメントありがとうございます!!

> のりのり先生、こんにちは~♪

こんにちは〜♪

> 今日も、滋賀医科大学附属病院で看護師さんの結核感染が判明。700人と接触とのニュースがありましたね。
> 人間である以上は、感染症は防ぎようがないとは思うのですが、医療従事者からの感染は避けなければならないですからね。
> でも、医療従事者は常に患者さんから感染の危険にさらされる訳で、私はアルバイトで接触したおじいちゃんが、結核に感染していたという経験があります。
> お医者さんが全員、防護服で診察するのもねぇ。
> やっぱり、努力は出来ても100%防ぐのは無理なんでしょうね。

そうですね。100%は難しいと思うので、出来る限り気をつけるしかないですね(汗)

体調不良の際の代診サービス(全国出張)があればいいですね(笑)

みみすけさんへ

>みみすけさん
いつもコメントありがとうございます!!

> そりゃ医者だって人間だから結核にもなりますよね。昔、上司だったワイルド友ドクターがブツブツ言ってましたねぇ~
> 「看護師はいいよなぁ~熱が出れば先生診てください!!下痢すれば先生、排便がこんなんですよ!!インフルエンザだって診断するのは僕らだろ?」と。まぁ…若干偏り気味な話ですが、確かに先生のいう通りな部分もありますね。
> 私をオペした整形のドクターは「常勤ひとりだからどんだけ腰が痛くたって熱があっても手術もするし外来も出る!!たかが腰痛でいちいち診断書書いて休んでたら仕事にならない」とキレました。
> 確かに医者だって人間だから仕方ない…けど、患者側には関係ない話ですよね~結核の先生も代診や休診も難しいかも知れなかったけれど、医学のプロとして何ともお粗末な気がしちゃいます。
> ワイルドドクターも「インフルエンザでも診察する」て宣言してましたが、熱も出してないし人4倍遊んでるし中性脂肪高いぐらい美味しいもの食べてるし…
> スタンダードプリコーションで行くしかないですねぇ~何だか病院に行くのが怖いですね。先生も気を付けて下さいねぇ~

さすがにインフルエンザになったら、患者さんに伝染すとまずいので休まないといけないですね〜☆

とことん予防を頑張るしかないのかな・・

葉音さんへ

>葉音さん
いつもコメントありがとうございます!!

> 先生、意味がちょっと違うだけとね、"病院に行くと、病人になる"はホントだよ。今までティシャ-着てて、1人で歩いてても、病院で腕にネームバンドになって、病衣着ると、病人ぽいになる。今は、家で送る時間と病院で送る時間が半分だよ。

たしかに病衣をきて、「患者さんの格好」をすることだけでも病人の気持ちになっちゃいそうですね(汗)

いける!

早起きの、のりのり先生おはモーニング♪

「体調不良の際の代診サービス(全国出張)」
これ、いける!!

先生、起業したらどうですか?
出産・子育てで引退した女性医師とか登録してもらって、派遣。

で、のりのり先生は紹介手数料で、ガッポリ儲かりまっせ~!!

私を事務に雇って下さいね(-^〇^-)

No title

のりのり先生今晩は。

気付くのが遅くなり申し訳ございませんでした(汗)
2重投稿になっていました

お手数ですが一つ消去して下さいませ。
すみませんでした^^;


友里さんへ

>友里さん
いつもコメントありがとうございます!!お返事遅くなってすみません(汗)

> 医師や看護師も人間だから、感染症や病気になりますよね。
> でも、感染症にかかるリスクが高い医療従事者だからこそ、のりのり先生みたいに予防しないといけないですよね(;´Д`A
> 予防を何もしないで、「インフルエンザになっちゃったから欠勤します」では社会人失格だと思います(;´Д`A
>
> 私も今は保育士として、保育園の0歳児クラスを複数の保育士で担任していますが…
> 保育士の中にも「社会人として、保育士として最低な人間」は居ますよ(;^_^A
> 言葉を話せない0歳の子ども達に「某有名な犯罪者に似てるから」とあだ名を付けて呼び出したり、「この子のママもデブでブスだから残念な仕上がりだね」と言っていたり、私が2回同じ事を注意を受けたら「(舌打)何度も言ってやったのに!」と言ってみたり…
> 予防無しに感染症にかかる医療従事者や保育士以上に、最低な保育士の話を思わず書いてしまいましたm(_ _)m失礼しましたm(_ _)m

・・・つらいですね(泣)

ポジティブシンキングでのりのりで過ごしたいものです♪

にこさんへ

>にこさん
再びコメントありがとうございます!!

> 今晩は、投稿2回目のにこです。

ありがとうございます〜☆

> 代打が効かない専門のお医者様なども本当に大変ですね・・・
> 感謝の気持ちがより湧いてきます。
>
> 2年間看て頂いていた先生が、最後の日にマスクでした。
> マスクですみませんね、と言って下さり、もらってしまうから先生は大変ですね、と言いましたら、いえ移してしまったら申し訳ないですのでね・・・と。
>
> 厳しさの中に優しさがある50代の疲れたおじちゃん先生でしたが、2年間の難航した治療に感謝を述べ、さようならをしました。
>
> 今半年経ち、やっと痛みが消え回復してきたのを感じ、整形のなかなか良くならない面倒な大変な患者だったので、感謝のお礼状がてら、元気に回復している事をおつたえできたらな、と思ったりです。
>
> 半年経ってお礼状が来たら忘れているかな。驚きますかね。

いやあ、あんまり経験がないのでわかりませんが、

半年経ってもお礼のお手紙がきたら嬉しいと思いますよ。

ボクが沖縄で内科の仕事をしているときに、県外から観光でいらっしゃった方が数日入院になり、後日お手紙を頂いたときは嬉しかったです♪

湯豆腐さんへ

>湯豆腐さん
いつもコメントありがとうございます!!

> 感染源が医者…って、実は確率高いことなんじゃ…
> 感染者と接触しまくりの状況で、なんか、しょうがないんじゃないの?と思います。
> のりのり先生も言うように、代わりの先生がいない場合、というのがなんとも…
> お医者さん個人の頑張りに頼り過ぎてちゃ、また起きることだよなー、これ。と思いました。

にんげんだもの・・・あいだみつをさんですね(笑)

ある程度予防には限界がありますね。仕方がないことかもしれません。

ブリアナさんへ

>ブリアナさん
いつもコメントありがとうございます!!お返事遅れてスミマセン(汗)

> 確かにかぜのはやる季節には、病院に行くと病気になるって感覚わかります!
>
> 怖いですね~先生いつも最前線でお仕事なさっているのですね!負けないでね!!うがい手洗い大切ですよね!!

ありがとうございます!!

でも・・ボクはあんまり風邪の患者さんにはあわない・・かな♪

なぜなら、風邪を引くと手術が延期になっちゃうからです☆

はっぱさんへ

>はっぱさん
いつもコメントありがとうございます!!お返事遅れてスミマセン(汗)

> 早起きの、のりのり先生おはモーニング♪

おはモーニング♪

> 「体調不良の際の代診サービス(全国出張)」
> これ、いける!!
>
> 先生、起業したらどうですか?
> 出産・子育てで引退した女性医師とか登録してもらって、派遣。
>
> で、のりのり先生は紹介手数料で、ガッポリ儲かりまっせ~!!
>
> 私を事務に雇って下さいね(-^〇^-)

いやあ、ボクはそういう才能はないので、堅実に勉強してお仕事がんばります〜(笑)


にこさんへ

>にこさん

コメント一個は消しました☆ありがとうございます!!

No title

のりのり先生

こんにちは。
お忙しい中、お返事をありがとうございました。
また、重複投稿してしまって、すみませんでした^^;
お手数お掛けしてしまい、申し訳ございませんでした・・・

のりのり先生、こちらにコメントを書かせて頂いてから、
感謝の気持ちが更に高まり、
疲れたおじさん主治医に、ハガキでお礼状を出しました。

7年間の痺れと痛みが、今嘘のようによくなり、元気に回復する事が出来たことを心から感謝しています、と^^

何故お礼を伝えたかったかと言うと・・・
緊急病院なので、原則手術後1年を目安で、地域のドクターに戻ってもらうそうなのですが・・・・
私の場合は両方の手術だったのですが、片方の痛みがなかなか取れず、リミットの2年が来てしまいました。

待合室の患者さんも顔見知りがいなくなって、看護師さんも新人さんが増え、知ってる顔が段々いなくなっていきました。

時間切れで、握力の順調な回復を確認して、その主治医から卒業となってしまいました。
思わず、まだこんなに痛いのに! と深く呟いてしまったんです・・・
先生は困った顔をして、もぅ快方に向かっているんだよ・・・
と。(心の中で、どこがよ!と私は悪態をつきました・・・・)

患者の時には、もぅ痛くない、よくなってきました!♪
と、言えなかったので、最後の呟きのせいで心残りがありました。
のりのり先生のブログにコメントを書けた事が、勢いになり、心からの感謝が伝えられて、本当に良かった。

元主治医に、のりのり先生に、
熱い一生懸命なお医者様の先生方々、
ありがとうございますです☆彡

にこさんへ

>にこさん
再びコメントありがとうございます!!お返事遅れてすみません!(泣)

> のりのり先生
> こんにちは。

こんにちは〜♪

> お忙しい中、お返事をありがとうございました。
> また、重複投稿してしまって、すみませんでした^^;
> お手数お掛けしてしまい、申し訳ございませんでした・・・

とんでもございませ〜ん(笑)

コメントありがとうございました!!

> のりのり先生、こちらにコメントを書かせて頂いてから、
> 感謝の気持ちが更に高まり、
> 疲れたおじさん主治医に、ハガキでお礼状を出しました。
> 7年間の痺れと痛みが、今嘘のようによくなり、元気に回復する事が出来たことを心から感謝しています、と^^
> 何故お礼を伝えたかったかと言うと・・・
> 緊急病院なので、原則手術後1年を目安で、地域のドクターに戻ってもらうそうなのですが・・・・
> 私の場合は両方の手術だったのですが、片方の痛みがなかなか取れず、リミットの2年が来てしまいました。
> 待合室の患者さんも顔見知りがいなくなって、看護師さんも新人さんが増え、知ってる顔が段々いなくなっていきました。
> 時間切れで、握力の順調な回復を確認して、その主治医から卒業となってしまいました。
> 思わず、まだこんなに痛いのに! と深く呟いてしまったんです・・・
> 先生は困った顔をして、もぅ快方に向かっているんだよ・・・
> と。(心の中で、どこがよ!と私は悪態をつきました・・・・)
> 患者の時には、もぅ痛くない、よくなってきました!♪
> と、言えなかったので、最後の呟きのせいで心残りがありました。
> のりのり先生のブログにコメントを書けた事が、勢いになり、心からの感謝が伝えられて、本当に良かった。
> 元主治医に、のりのり先生に、
> 熱い一生懸命なお医者様の先生方々、
> ありがとうございますです☆彡

うう・・・少しでもお役に立てたなら嬉しいです!!(泣)

またお時間のあるときにでも遊びにきてくださいね〜!!

<スポンサーリンク>

decoboko.jp

個人情報について
当ブログでは、日常の麻酔業務に関するエピソード風の記事を多数紹介しています。 個人情報保護の観点から、「事実を元にしたフィクション」としてデフォルメしている部分がありますので、あらかじめご了承ください。
手術が決まった方へ・・・
医師ブログランキング
のりのり麻酔科医のお気に入り記事
カテゴリ
タグリスト

コメント一覧
 
PR
PR
価格.com ブロードバンド
PR
PR
宿・ホテル予約ならじゃらんnet
ボクは「Specialist vent」という商品を使っています。少しムレますが、血液や注射針から足が守れます!
クロックス オンラインショップ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。