FC2ブログ

プロフィール
メールはこちらから!

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

カレンダー
<
>
- - - - - - -
- - - 1 2 34
5 6 7 8 9 1011
12 13 14 15 16 1718
19 20 21 22 23 2425
26 27 28 29 30 - -

全記事

最新記事
月別アーカイブ
アンケート
アンケート
アンケート
アンケート
アンケート
アンケート
アンケート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いきなり2連敗

日の出

 

あけましておめでとうございます!!

2015年はまたブログを再開しようってことで、久しぶりの更新です♪


 

今日は元旦なので、自分なりに今年の目標を立てたんです。

昨年反省する事が多かった、「悪口をいわない」「怒らない」っていうのがボクの今年の目標です。


 

よーし!なるべくこの目標をまもって良い一年にするぞ~!!

って思って今年が始まったんですけど、今日1日でもう2回も目標を破ってしまったんです・・・

くぅ~(泣)

 

ひとつめは、朝行ったコンビニでなんですが、レジのお兄さんが尋常~っじゃないっくらい袋詰めが遅かったんです。


ホントに!!今までみたなかでも最高級に遅かった!

もちろん普通なら全然我慢できるんですが、当直明けだったのもあり

つい・・・

「もうちょいチャッチャと詰めてくれると嬉しいんだけど。」って怒っちゃいました~(泣)

うう~。自己嫌悪。

 

それから、これは書くか迷ったんですが、


普段救急車の受け入れをしていない病院で日直をしていたら、「発熱と咽頭痛」の患者さんがキツすぎて救急車を呼んだらしく、受けられませんか?と救急要請があって、どこも忙しそうだし一次救急(診察後帰宅する事ができる軽症の患者さん)は診ないとだめだなとおもって受けたんです。


で、到着後に「今日はどうしました~?」って聞いたら、


「胸が痛いんです」って・・・(汗)

 

色々あって事なきを得ましたが、思わず救急隊の人に「ご存知の通りここは検査も何もできないから、今日は一次救急しかみれないんですよ。胸痛があるならちゃんと言ってください!!」って怒っちゃいました・・・




正月で病院も休みが多く、救急車の受け入れ先も少ないから大変なんだと思うんですが、場合によっては患者さんにも不利益だし、ついムカッとして言っちゃったんです(泣)


 

っというわけで、いきなり2連敗でしたけど、このあとは連勝をつづけて良い一年にしたいと思います。


みなさまも良い一年にしてくださいね~☆

 

 

    いいぜ!人気ブログランキング  もいっちょ、いいぜ!日本ブログ村
のりのり麻酔科医は2つのブログランキングサイトに登録しています!!
「いいぜ!」「もいっちょ、いいぜ!」をそれぞれ応援クリックお願いします!!
クリックすると、それぞれのランキングサイトにジャンプしてボクに票が入ります!!
得点が増えると、超がんばれます(笑)!!お願いしま~す!!(1日1回有効です)

ありがとうございました~!!!!ぶわっ


関連記事
スポンサーサイト

コメント

Secret

待ってました~!

のりのり先生~、元気でしたか?
更新 待ってましたよ!
嬉しいです。
今年はどんどん書いて下さいね(^ω^)

私もこの前、イライラしてしまいました。
皮膚科の個人病院で、一年以上前に『粉瘤』と診断されて、完全に治すには中にある袋を手術で取らないといけないけど、うちでは手術してないからって言われたんです。
それで、しばらくは面倒だなぁって思って放っておいたんですけど、毎月のように化膿して腫れるもんだから、仕事を抜けてちょっと大きめの病院に行ったんです。
初診では、「ちょっと化膿してるから、抗生物質を一週間飲んで、また診せに来て下さい。」って言われて帰ったんです。
二回目は、「だいぶ小さくなりましたね。」って言われたので私が、「毎月のように腫れてくるので、取ってもらいたいんですけど…。」って言ったら、
「今は小さくなって、はっきり粉瘤がどこなのかわからないから、また少し腫れてきてからじゃないと…。今はちょっとできないわ。」って。
化膿しててもダメだし、小さくなってもダメって…。
この先生、手術したくないんじゃない?って職場の上司と話してたんですよ。
次の診察でも取ってくれそうになかったら、病院変えようと思ってます。
有給がもったいない(T ^ T)

わーい!

のりのり先生、あけましておめでとうございます!
ブログ再開嬉しいです、まっていましたよ~(笑)

正月からお仕事お疲れ様です。大切なことは、一番最初に伝えてほしいですよね!!だからその件はセーフだと思いますよ~(笑)
その患者さんは、先生に診ていただけてラキーでしたね

私事ですが、大晦日にとても嫌なことが有って
厄はそこで落としたと考えて、心機一転前向きにと思っていた矢先、先生のブログ再開していてよかった(泣)

これからも、楽しみにしていていいですか?勝手にしていますね!(笑)



先生、ご無沙汰ですー。
ブログ再開嬉しいです。

頭の良いお医者様の目標が悪口を言わない、怒らないって子供みたいで可愛いです。
それで袋詰めが遅い店員さんにイライラして早速目標を破ってしまって、またまた可愛いです。

ノロノロに頭にくる先生はきっとテキパキさんなのでしょうね(^_^)
救急隊に怒ったのは正しいと思いました。
患者さんのためにも怒らなきゃいけない時は今年も遠慮せずどうか怒ってくださいねー。

実は私は怒らない人で兄妹喧嘩もした事がありません。
ムッとする事はありますが、その時に出せないでいるうちに忘れてしまう結構珍しい性格です。




あけましておめでとうございます。

新年早々のりのりセンセのブログ再開、縁起がいい〜

店員の袋詰め性格でるよね…パンなんか一番下にされた日には、にし真剣に怒りますよ!

今年ものんびりのりのりでいきましょう

No title

あけましておめでとうございます。
ダメモトで開いてみたら更新されていて嬉しいです!
お元気そうでホットしました。
袋詰め、分かる!
私もモタ×4自信なさげに袋に入れたり出したりされた時、夜勤明けで沸点が低かったので「テキトーでいいですi-191」「壊れて困るものないですからテキトーでいいですからi-191」と何度も言ってしまいました。でもその人は柔軟性が無いのか聞き入れないのか。結局モタモタ詰めた結果袋が小さすぎ、もう1枚出して2袋にするのではなくまた全部出し始めたので「そのままでいいです!」と、あふれた品物を手に握ってお店を後にしました。

最近遭遇したレジの人はきっちりカゴに詰めないと気が済まないらしく、いくつかピ!しては収まり良く詰め直し、またピ!してはこうかな?ああかな?と。ちょっと勘弁して欲しいです。

こちらも最近でしたが、前の人がもうお金払っている段階なのに後ろのレジの店員が「お待ちのお客様どうぞ」と私のカゴを持って行き、ピ!と後ろでレジ打ちし始めてしまい「チ!i-191」と思いつつ、見ていた商品を棚に戻し後ろのレジに向かうと目の前を小走りの男性が。その男性は後ろのレジに駆け込み商品を台に置くと店員はピ!して私のカゴへ。
・・・・・もおおおおおおお!

救急隊ですか。私も二次救急病院時代は数え切れないほど振り回されました。
情報では軽症のはずがどっからどう見ても、、な。
来てすぐ挿管なんて言うのは「また?!」って位ありました。何かしらの前兆すら無かったのか疑問。あとから家族に「救急車来る頃には呼吸が止まりそうだった」と言われた事も。その情報はどこで止まるのか。レベル低下or呼吸状態悪いの一言でもあれば病棟にも情報が上がって来るので最悪Vr.でBedコントロールを考えておけるのですが、いきなり「挿管したから上がる!」は本当に危険。

最低限個室は空けないといけない。できるだけナースステーションの近く。救急室は一つでとても安定するまで処置ができる所ではないのでいつまでも待機させられない。昼間ならまだしも2~3人の看護師だけで重症や急変をみつつ、待ったなしで夜中に患者にさん達が寝ているベッドを出し入れしてテトリスみたいに組み込んで個室を絞り出さないといけなかったり。ロッカーや引き出しの荷物移動も意外と時間がかかるんです。それって救急搬送されてきた患者さんも危険だし、病棟の患者さんまで危険に巻き込んでいるわけで、こう言った限界に挑戦するような行為、この危険は誰の何の為なのか毎回憤りを感じていました。

受け入れ先を確保するのが大変なのは分かりますが、大変だからどこかに押し付ければいいと言う考えでは何も改善しないと思います。
実際自分たちはどこがどう大変なのか、傷病者はどんな危険な状態なのかを客観的指標で表す。それが出来るのはその立場の本人たちだけですから。

ちょっと反れますが、救急室で診られず救急車から病棟へ直接上がって来た男性患者。
救急車の中で酸素5Lまで上げたらしいのですが、見た瞬間「COPDっぽい感じだなナルコってんじゃないかな。」な。しかし救急隊が「酸素2Lで開始したけどまだSPO2が全然上がらないもっと上げた方がいいんじゃないですか?」と言って来たんです。「今Dr来ますんで(そりゃSPO2上がんないでしょそこだけ見てたら呼吸止まるし(心の声))」と言ってとにかくDrが来たらすぐBGAと挿管とレスピのイメージで準備しているのに搬送してきた隊長が「酸素上げなくていいんですか?!」「酸素上げた方がいいんじゃないですか?!」「ほらほらSPO2これですよ!」「呼吸状態が悪いんだから酸素このままでいいんですか?!」と隣に立ってガミ×4。それも家族の前で。感情的に看護師に食ってかかる。最低。家族が不安になるじゃない。
今あなたにCOPDとナルコーシスについて説明している暇はない!酸素どうこう言うなら勉強しといて!と思いました。
ちなみに、、、BGAの結果、ナルコってました。

愚痴っぽくなっちゃいましたが
医師も看護師も救急隊もみんなそれぞれ「今、自分に、できる事」を正しく!です。救急隊に「できる事」は一番に駆けつけ症状を正しく把握し正しく受け入れ先を探すこと。酸素の流量の指示は「できる事」ではありませんe-351。そして病院に「できる事」は可能な限り受け入れに努める。日々工夫して協力しあうこと。
あ、のりのり先生が「胸痛あるならちゃんと言って下さい」と言ってくれてスッとしました。救急隊の方たち、中には先生の前と看護師への態度が違う人たちもいるので先生方がビシ!っと言ってくれると本当に助かります
v-406

そんな私の今年の目標は「問題はなるべく単純に整理し1個ずつ片付ける。怒りは小出しにする。」です!

のりのりせんせ~

お待ちしていましたよ~(泣)
待っている間に、また1つ年取りましたよ(笑)

明けましておめでとうございます!
のりのり先生~、お久しぶりです(笑)
元気でしたか?
ブログ更新 待ってました


はらちんさんへ

> のりのり先生~、元気でしたか?
> 更新 待ってましたよ!
>はらちんさん
いつもコメントありがとうございます!!お久しぶりです♪

> 嬉しいです。
> 今年はどんどん書いて下さいね(^ω^)
> 私もこの前、イライラしてしまいました。
> 皮膚科の個人病院で、一年以上前に『粉瘤』と診断されて、完全に治すには中にある袋を手術で取らないといけないけど、うちでは手術してないからって言われたんです。
> それで、しばらくは面倒だなぁって思って放っておいたんですけど、毎月のように化膿して腫れるもんだから、仕事を抜けてちょっと大きめの病院に行ったんです。
> 初診では、「ちょっと化膿してるから、抗生物質を一週間飲んで、また診せに来て下さい。」って言われて帰ったんです。
> 二回目は、「だいぶ小さくなりましたね。」って言われたので私が、「毎月のように腫れてくるので、取ってもらいたいんですけど…。」って言ったら、
> 「今は小さくなって、はっきり粉瘤がどこなのかわからないから、また少し腫れてきてからじゃないと…。今はちょっとできないわ。」って。
> 化膿しててもダメだし、小さくなってもダメって…。
> この先生、手術したくないんじゃない?って職場の上司と話してたんですよ。
> 次の診察でも取ってくれそうになかったら、病院変えようと思ってます。
> 有給がもったいない(T ^ T)

それはイライラしそうですね〜(汗)

有給とってわざわざ行ったのに、余計ですよね。

ブリアナさんへ

>ブリアナさん
いつもコメントありがとうございます!!お久しぶりでーす♪

> のりのり先生、あけましておめでとうございます!
> ブログ再開嬉しいです、まっていましたよ~(笑)

あけましておめでとうございま〜す♪ありがとうございます☆

> 正月からお仕事お疲れ様です。大切なことは、一番最初に伝えてほしいですよね!!だからその件はセーフだと思いますよ~(笑)
> その患者さんは、先生に診ていただけてラキーでしたね
> 私事ですが、大晦日にとても嫌なことが有って
> 厄はそこで落としたと考えて、心機一転前向きにと思っていた矢先、先生のブログ再開していてよかった(泣)
> これからも、楽しみにしていていいですか?勝手にしていますね!(笑)

そういって頂けると嬉しいです☆

毎日は無理でも、今年はブログ続けますよ〜♪

りんさんへ

>りんさん
いつもコメントありがとうございます!!お久しぶりでーす♪

> 先生、ご無沙汰ですー。
> ブログ再開嬉しいです。

ありがとうございます☆

> 頭の良いお医者様の目標が悪口を言わない、怒らないって子供みたいで可愛いです。
> それで袋詰めが遅い店員さんにイライラして早速目標を破ってしまって、またまた可愛いです。
> ノロノロに頭にくる先生はきっとテキパキさんなのでしょうね(^_^)
> 救急隊に怒ったのは正しいと思いました。
> 患者さんのためにも怒らなきゃいけない時は今年も遠慮せずどうか怒ってくださいねー。
> 実は私は怒らない人で兄妹喧嘩もした事がありません。
> ムッとする事はありますが、その時に出せないでいるうちに忘れてしまう結構珍しい性格です。

いやあ・・・仕事は特殊ですが、頭は別によくないです(笑)

今年は人間として基本的な事を再確認する一年にしようと思っています。・・・今はまだ(笑)

にしさんへ

>にしさん
いつもコメントありがとうございます!!お久しぶりです♪

> あけましておめでとうございます。
> 新年早々のりのりセンセのブログ再開、縁起がいい〜

そういって頂けると嬉しいです♪ありがとうございます!!

> 店員の袋詰め性格でるよね…パンなんか一番下にされた日には、にし真剣に怒りますよ!
> 今年ものんびりのりのりでいきましょう

のんびりのりのりっていいですね☆そうします♪

wakawakaさんへ

>wakawakaさん
いつもコメントありがとうございます!!お久しぶりです♪

> あけましておめでとうございます。
> ダメモトで開いてみたら更新されていて嬉しいです!
> お元気そうでホットしました。

ありがとうございます☆今年は頑張りますよ〜♪

> 袋詰め、分かる!
> 私もモタ×4自信なさげに袋に入れたり出したりされた時、夜勤明けで沸点が低かったので「テキトーでいいですi-191」「壊れて困るものないですからテキトーでいいですからi-191」と何度も言ってしまいました。でもその人は柔軟性が無いのか聞き入れないのか。結局モタモタ詰めた結果袋が小さすぎ、もう1枚出して2袋にするのではなくまた全部出し始めたので「そのままでいいです!」と、あふれた品物を手に握ってお店を後にしました。
>
> 最近遭遇したレジの人はきっちりカゴに詰めないと気が済まないらしく、いくつかピ!しては収まり良く詰め直し、またピ!してはこうかな?ああかな?と。ちょっと勘弁して欲しいです。
>
> こちらも最近でしたが、前の人がもうお金払っている段階なのに後ろのレジの店員が「お待ちのお客様どうぞ」と私のカゴを持って行き、ピ!と後ろでレジ打ちし始めてしまい「チ!i-191」と思いつつ、見ていた商品を棚に戻し後ろのレジに向かうと目の前を小走りの男性が。その男性は後ろのレジに駆け込み商品を台に置くと店員はピ!して私のカゴへ。
> ・・・・・もおおおおおおお!
>
> 救急隊ですか。私も二次救急病院時代は数え切れないほど振り回されました。
> 情報では軽症のはずがどっからどう見ても、、な。
> 来てすぐ挿管なんて言うのは「また?!」って位ありました。何かしらの前兆すら無かったのか疑問。あとから家族に「救急車来る頃には呼吸が止まりそうだった」と言われた事も。その情報はどこで止まるのか。レベル低下or呼吸状態悪いの一言でもあれば病棟にも情報が上がって来るので最悪Vr.でBedコントロールを考えておけるのですが、いきなり「挿管したから上がる!」は本当に危険。
>
> 最低限個室は空けないといけない。できるだけナースステーションの近く。救急室は一つでとても安定するまで処置ができる所ではないのでいつまでも待機させられない。昼間ならまだしも2~3人の看護師だけで重症や急変をみつつ、待ったなしで夜中に患者にさん達が寝ているベッドを出し入れしてテトリスみたいに組み込んで個室を絞り出さないといけなかったり。ロッカーや引き出しの荷物移動も意外と時間がかかるんです。それって救急搬送されてきた患者さんも危険だし、病棟の患者さんまで危険に巻き込んでいるわけで、こう言った限界に挑戦するような行為、この危険は誰の何の為なのか毎回憤りを感じていました。
>
> 受け入れ先を確保するのが大変なのは分かりますが、大変だからどこかに押し付ければいいと言う考えでは何も改善しないと思います。
> 実際自分たちはどこがどう大変なのか、傷病者はどんな危険な状態なのかを客観的指標で表す。それが出来るのはその立場の本人たちだけですから。
>
> ちょっと反れますが、救急室で診られず救急車から病棟へ直接上がって来た男性患者。
> 救急車の中で酸素5Lまで上げたらしいのですが、見た瞬間「COPDっぽい感じだなナルコってんじゃないかな。」な。しかし救急隊が「酸素2Lで開始したけどまだSPO2が全然上がらないもっと上げた方がいいんじゃないですか?」と言って来たんです。「今Dr来ますんで(そりゃSPO2上がんないでしょそこだけ見てたら呼吸止まるし(心の声))」と言ってとにかくDrが来たらすぐBGAと挿管とレスピのイメージで準備しているのに搬送してきた隊長が「酸素上げなくていいんですか?!」「酸素上げた方がいいんじゃないですか?!」「ほらほらSPO2これですよ!」「呼吸状態が悪いんだから酸素このままでいいんですか?!」と隣に立ってガミ×4。それも家族の前で。感情的に看護師に食ってかかる。最低。家族が不安になるじゃない。
> 今あなたにCOPDとナルコーシスについて説明している暇はない!酸素どうこう言うなら勉強しといて!と思いました。
> ちなみに、、、BGAの結果、ナルコってました。
>
> 愚痴っぽくなっちゃいましたが
> 医師も看護師も救急隊もみんなそれぞれ「今、自分に、できる事」を正しく!です。救急隊に「できる事」は一番に駆けつけ症状を正しく把握し正しく受け入れ先を探すこと。酸素の流量の指示は「できる事」ではありませんe-351。そして病院に「できる事」は可能な限り受け入れに努める。日々工夫して協力しあうこと。
> あ、のりのり先生が「胸痛あるならちゃんと言って下さい」と言ってくれてスッとしました。救急隊の方たち、中には先生の前と看護師への態度が違う人たちもいるので先生方がビシ!っと言ってくれると本当に助かります
> v-406
>
> そんな私の今年の目標は「問題はなるべく単純に整理し1個ずつ片付ける。怒りは小出しにする。」です!

大分怒ってますね〜(笑)

共感して頂けて嬉しいです♪

はっぱさんへ

>はっぱさん
いつもコメントありがとうございます!!お久しぶりです♪

> お待ちしていましたよ~(泣)
> 待っている間に、また1つ年取りましたよ(笑)

え!!

奇遇ですね!ボクも1つ年を取りました(笑)

今年は頑張りまーす☆

サクラさんへ

>サクラさん
お返事遅れてすみません!(泣)

> 明けましておめでとうございます!

あけましておめでとうございます!!・・・もう2月になっちゃいましたね(汗)

> のりのり先生~、お久しぶりです(笑)
> 元気でしたか?
> ブログ更新 待ってました

ご無沙汰しちゃいました(泣)なかなか以前のペースで更新できないのですが、やればできるはずなので、少しずつブログのリハビリをしています☆

ありがとうございます♪更新がんばります〜☆

<スポンサーリンク>

decoboko.jp

個人情報について
当ブログでは、日常の麻酔業務に関するエピソード風の記事を多数紹介しています。 個人情報保護の観点から、「事実を元にしたフィクション」としてデフォルメしている部分がありますので、あらかじめご了承ください。
手術が決まった方へ・・・
医師ブログランキング
のりのり麻酔科医のお気に入り記事
カテゴリ
タグリスト

コメント一覧
 
PR
PR
価格.com ブロードバンド
PR
PR
宿・ホテル予約ならじゃらんnet
ボクは「Specialist vent」という商品を使っています。少しムレますが、血液や注射針から足が守れます!
クロックス オンラインショップ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。