プロフィール
メールはこちらから!

お名前:
あなたのメールアドレス:
件名:
本文:

カレンダー
<
>
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 78
9 10 11 12 13 1415
16 17 18 19 20 2122
23 24 25 26 27 2829
30 31 - - - - -

全記事

最新記事
月別アーカイブ
アンケート
アンケート
アンケート
アンケート
アンケート
アンケート
アンケート

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダヴィンチ手術のことですよ。

ロボット





のりのり麻酔科医です。

 


この4月から、新しく研修医の先生が麻酔科を研修しにきてくれています。

 

先日、術前回診の準備をしていた先生から質問がありました。

 


「先生、この『ロボット支援前立腺全摘術』ってなんですか?」

 

う~ん、たしかに『ロボット支援』って言われても、ピンとこないですよね。

 


「フレー!!フレー!!」ってロボットが応援してくれる手術だと思っている人も・・・・

 




いないと思いますけど(笑)

 




↓こんな感じ?(笑)

ロボット支援

 

 


まあ、メディアでよく紹介されているのでご存知の方も多いと思いますが、

これはいわゆる「ダヴィンチ手術」の事です。

 

 

ダヴィンチ手術とは、手術支援ロボット『ダ・ヴィンチ(da Vinci Surgical System)』を使用した内視鏡手術のことです。

 

Da Vinci

出典:日本ロボット外科学会HP

 


手術支援ロボットといっても、ダヴィンチが自動で手術をしてくれるわけではなく、従来の内視鏡手術の延長で、術者がコンソールと呼ばれるコックピットに入り、3D画像を観ながら、さながら小ちゃくなっておなかに入っているかのごとく、遠隔操作で手術が出来るというものです。

 


現在の保険適応は「前立腺悪性腫瘍手術」、つまり前立腺癌に限られます。

 


その他、胃癌や腎癌の一部が先進医療として認められているので、

ダヴィンチ手術分のみ自己負担で、入院・検査・投薬などは保険が効きます。

※先進医療=本来は保険診療と自由診療の混合診療は認められていないが、保険診療と一緒に受けられる一部の認められた医療・療養のこと
厚生労働省の該当サイト

 


ボクは手術する側ではありませんが、少なくとも前立腺のダヴィンチはスゴくよさそうですね。

 


カメラが近づいたり離れたり自由自在でみえやすそうだし、お腹のなかの狭いスペースでロボットのアームの先がクネクネ手の関節みたいに動くので、組織の剥離や針・糸の操作もやりやすそうだし。



出血も少なくて、術者が慣れてくると時間も短時間で終わっています。

 


患者さんにとっては利益は大きいでしょうね~。

 



 

でも、麻酔科からすると良い事ばかりではないんです・・・

 



ダヴィンチの機械がバカでかいので、狭い手術室で使うと麻酔科のワーキングスペースが超狭くなって仕事がしずらくてストレスだし、

 



 

前立腺癌のダヴィンチは「超頭低位」と言われる体位で、頭を25度~30度下げた状態で行うので、お腹に腹腔鏡のためのガスが入る上に、太った人はさらにお腹の中身が横隔膜を押して呼吸管理に難渋することもあるんです(汗)

 



良い機械(ロボ)なのだと思うので、これから適応は拡大していくのだと思われますが、医療費が高くなってしまうはずなので、一長一短ですね。

 



ダヴィンチが医療以外の様々な分野で使われるようになれば、値段もさがるんでしょうが、どんな分野で使えるのか・・・





う~ん。宇宙?

 

 


<注>頭を下げると脳圧や眼圧も上がるので、緑内障や脳の動脈瘤があるような人は受けられないこともあります。
また、新しい機種では頭低位じゃなくてもいいという噂を聞きましたが、真偽は確認していません。ごめんなさい!!(泣))

※手術を予定・希望されている方は、必ず主治医の先生とよく相談してください。

 

いいぜ!人気ブログランキング  もいっちょ、いいぜ!日本ブログ村
のりのり麻酔科医は2つのブログランキングサイトに登録しています!!
「いいぜ!」「もいっちょ、いいぜ!」をそれぞれ応援クリックお願いします!!
クリックすると、それぞれのランキングサイトにジャンプしてボクに票が入ります!!
得点が増えると、超がんばれます(笑)!!お願いしま~す!!(1日1回有効です)
ありがとうございました~!!!!ぶわっ


関連記事
スポンサーサイト

tag : なるほど

コメント

Secret

こんばんは~(^O^)
ロボットの絵は先生が描いたんですか?
上手ですね(^-^)
私よりは確実に上手です!

ダヴィンチもそうですが、内視鏡の手術もちゃんとトレーニングして慣れてる先生がやらないと危ないんでしょうね。

こんにちは(*^^*)

ロボットの絵、可愛い!!(*^^*)
のりのり先生作ですか?

「ダヴィンチ」って由来は何ですか?
どうしても、絵画を連想して、「医療と無関係じゃん!」と思ってしまいます…(;´Д`A

はらちんさんへ

>はらちんさん
いつもコメントありがとうございます!!

> こんばんは~(^O^)

こんばんは〜♪

> ロボットの絵は先生が描いたんですか?
> 上手ですね(^-^)
> 私よりは確実に上手です!

いや・・これはボクじゃないです(笑)

同僚が書きました☆

> ダヴィンチもそうですが、内視鏡の手術もちゃんとトレーニングして慣れてる先生がやらないと危ないんでしょうね。

手術ですからもちろんそうですね♪

友理さんへ

>友里さん
いつもコメントありがとうございます!!

> こんにちは(*^^*)

こんにちは〜♪

> ロボットの絵、可愛い!!(*^^*)
> のりのり先生作ですか?

いや・・・同僚の作品です(笑)

> 「ダヴィンチ」って由来は何ですか?
> どうしても、絵画を連想して、「医療と無関係じゃん!」と思ってしまいます…(;´Д`A

ダヴィンチを作っているメーカーのHPに解答がありましたので、引用します☆

なぜ「da Vinci」―名前の由来
da Vinci 手術をご存じの多くの方々から、その名称である「da Vinci」の由来について質問されることがあります。この名前は、15世紀の発明家であり、画家であり、哲学者であったレオナルド・ダ・ヴィンチにちなんで付けられました。ダ・ヴィンチは人体の解剖学に関する研究を進歩させたことで広く知られています。彼は剖検に立ち会い、数多くのきわめて精緻な解剖図を作成し、ヒトおよび比較解剖学の包括的研究の基礎を築きました

出典:インテュイティブサージカル合同会社HP

のりのり先生、こんばんは!!
ダヴィンチ、一度でいいから、いじってみたいんだよね~。
先生は、チョコっとでも操作した事ないのですか?

はっぱさんへ

>はっぱさん
,いつもコメントありがとうございます!!

> のりのり先生、こんばんは!!
> ダヴィンチ、一度でいいから、いじってみたいんだよね~。
> 先生は、チョコっとでも操作した事ないのですか?

こんばんは〜♪

一度もないんです〜☆

<スポンサーリンク>

decoboko.jp

個人情報について
当ブログでは、日常の麻酔業務に関するエピソード風の記事を多数紹介しています。 個人情報保護の観点から、「事実を元にしたフィクション」としてデフォルメしている部分がありますので、あらかじめご了承ください。
手術が決まった方へ・・・
医師ブログランキング
のりのり麻酔科医のお気に入り記事
カテゴリ
タグリスト

コメント一覧
 
PR
PR
価格.com ブロードバンド
PR
PR
宿・ホテル予約ならじゃらんnet
ボクは「Specialist vent」という商品を使っています。少しムレますが、血液や注射針から足が守れます!
クロックス オンラインショップ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。